趣味

◆三日月号発進!「2001年宇宙の旅」に於ける照明の研究;CGによる検証

[2001年マニアック]
映画「2001年宇宙の旅」のディスカバリー号と太陽の位置に関する 謎にせまる。
(個人的にぼんやりとしてたものを明確にする)

映画「2001年宇宙の旅」に登場するディスカバリー号という宇宙船は、 球体の頭と、長い背骨から 構成されている。上の写真は必ずしも正確ではないがCGで再現したものだ。
映画の画面にほぼそろえてあり、太陽光の方向もそろえた。
左の写真と同じ状況を真上から撮ったものを右に載せた。矢印は太陽光の向き を示している。

2つの場面A,Bで太陽の向きが異なっていることがわかる。
試しに、それぞれ照明を交換すると次のようになる。

A-BはBの照明を当てているのだが、ちょうど全体が陰になっている。
太陽光に無限遠光でなく、比較的近くに置いた照明を使っているため、 このような事が起こる。B-Aも太陽光が殆ど陰になっている。
映画ではカメラの向きに合わせ、見栄えのする照明を行っているということが分かる。

もう一場面見てみよう。
ボーマンがアンテナの部品交換のためにポッド(目玉形の小型宇宙艇)で ディスカバリー号から出る場面だ。
頭部を右舷側、若干前よりから撮影している。

太陽の方向はBと近いがBより上方に移っている。
前面に照明を当てながら、かつポッドベイの口の部分が影に入る よう工夫しているのが分かる。

ここまではカメラは常に右舷にあり、太陽の光は左舷横方向から来ている。

映画では最後の方で初めて左舷側が描写される。
ボーマンが左舷にあるエアロックの扉にポッドで近づく場面だ。
ここでは、その直前、ポッドとディスカバリー号が向かい合い、 HAL(ディスカバリー号のメインコンピュータ)に対しポッドベイ の口を開けるようボーマンが命令する場面と、エアロックに近づく 場面を示す。

Dの太陽はCの太陽と近い位置にある。
Eでは中央部、エアロック入り口がボッドのライトで照らされている。 太陽の光はエアロック入り口を照らさない位置、後ろ右舷側に移っている。
DとEは映画の中で時間的に大きく離れてはいないので、本来なら Dの太陽の位置と同じはずだが、Dの位置では、エアロック入り口 部にまで太陽の光があたってしまう。
EにA~Dの照明をあてたものを示そう。

DからEに移るまでに方向が変わらなければ本来はE-Dのような形となる はずである。E-Dで太陽光を若干弱くしたものを示す。

この太陽の位置ではEに比べ、いくら光の強さの調整をおこなっても、 のっぺりとして魅力の無い絵になってしまう。
右舷からの撮影では常に左舷にあった太陽が、左舷の撮影では右舷に 移ったのはこのためだ。

頭部の球体を撮影する場合、主光の当たる面を大きくすると、立体感 の乏しい絵となる。
主光を後方に回し、当たる部分を小さくすることにより立体感を出し、 かつ補助光との光量の差を極端にとることが可能で、 本来宇宙空間にないはずの補助光を補いながらも、リアルな絵を得る ことができる。

このように「2001年宇宙の旅」のディスカバリー号は、頭部球体 をメインに撮る場合は、常に画面左後方か ら強い照明を当て、手前から弱い補助光を当てるようにしている。
カメラの位置によって照明が変わる。つまり、カメラの位置によって 太陽の位置が変わるのだ。太陽は常にディスカバリー号を美しく照らす ために存在している訳だ。

ディスカバリー号はどこから見ても三日月なのだ。三日月号と呼びたい。

### 補足(蛇足)

頭部をメインとしない場合は、必ずしも三日月照明とはなっていない。 背骨側から撮る絵などだ。
常に美しい形で撮られるディスカバリー号だが、木星到達時には 真後ろから見た形が描かれる。この絵を入れた目的は全くの謎である。 別の宇宙船だと思った人もいるとか。

### 蛇足-2

今回作ったディスカバリー号のCGモデルは内部構造も作ってあり、 構造を分かりやすく見せるため クルクル回るCGアニメを作成しYouTubeに置いてある。
万象酔歩:◆引っ越してきましたに貼り付けているので ぜひ見て欲しい。
回転する居住区はもちろん、不思議な向きの操縦席のイス、HALのメモリ室、 ボーマンが飛び込んできたエアロック、予備のAE35を置いてあった機材室 などもある。
頭部の直径12m、ポッドの直径2m、回転する居住区の直径10mとして作成した が、頭部は13.5m程度ないとちょっとつらい。ポッドは1.9m程度ではないか なあなどとも思ってもいる。

### 蛇足-3

「2001年宇宙の旅」を最初に見たとき、幾つかの画面で、頭が混乱 してしまった。
Eのシーンもそうである。
Dの後、ボーマンはディスカバリーから一旦離れ、プールを宇宙空間に離し、 戻ってくる。
戻ってくるとディスカバリーの向きが90度変わってしまっているのだ。
D、Eで太陽の位置が90度変わるが、映画を見てる僕には、当然ディスカバリー が向きを変えたと見えたのだ。
もちろん、物語として、そこでHALがディスカバリーの向きを変えたと いう解釈も出来なくはないが、ちょっと無理があるように思う。
もし、仮に物語として、ディスカバリーが向きを変えたとなっている としても、それは左舷の絵を美しく見せるためだけに、付けた話だろう。

もう一つ、太陽の問題で頭が混乱した画面がある。
回転する宇宙ステーションにシャトルが近づくシーンだ。
シャトルの操縦席の窓から宇宙ステーションが見えているのだが、 シャトルは宇宙ステーションに同期して回転しており、宇宙ステーション は画面上固定で、星がバックで回転している。 しかし、照明(太陽)が常に宇宙ステーションの左から固定で当たって いるのだ。本来ならバックの星と同じように太陽の位置が変わらなければ いけない。
僕は自分(というかシャトル)が回転しているのか回転していないのか 分からない混乱状態に陥ってしまったのだ。
さすがにこれは物語り的解釈は不能だろう。
多分、太陽の位置が変わるものも撮影したけど、画面上わずらわしく なるのでボツにしたんではないかと思っている。
「2001年宇宙の旅」に関しては結構いろいろアラ探しが行われる のにこのあたりは誰も指摘していないように見える。う~ん。 映像マジック!
多分僕が監督なら、わずらわしい絵にしてしまっただろうなと思う。

### 蛇足カット(実は延々と蛇足が続いたのだが、カット)そのうち別記事で

| | トラックバック (0)