学問・資格

◇じゃないですか:否定疑問による文脈提示

「あたしって、朝弱いじゃなですか~」

最近結構批判の対象になる「じゃないですか」です。
たしかに、「知らんがな」と答えたくもなります。

 じゃないですかの心

「じゃないですか?」を普通に受け取ると、否定疑問による肯定の 確認です。質問内容が共通の知識であることを前提としている ものです。

しかし、 批判の対象となっている「じゃないですか?」は質問内容が共通の知識 であることを前提とせず発せられます。
話者はこの発言に「相手が予め持っているであろう共通知識の確認」の機能を果たさせようとは していないのです。

話者が想定する「機能」と聞き手の「受け取り」に差があるのです。

話者がこの発言に持たせたい機能は、これから話すことの前提、 話の基本の流れ、即ち文脈の設定です。
例えば、「私は朝弱いのですが、...」の形も採れますが、この 「が」は否定結合とも受け取られますので必ずしも使いやすい 言い方ではありません。 ◇XXXですがYYYです。文章のくせ参照。
普通に「私は朝弱いのです。」と始めると"朝弱い"ということが テーマであると受け取られてしまう可能性があります。 あるいは、この形では場合によっては論理を積み重ねる形の 強い表現となりがちなので避けたいのです。
とはいえ「これから、"私は朝が弱い"という流れにそった話しをします」 という言い方は変です。

では、なぜ「否定疑問形」に文脈設定機能を持たせようとするのでしょうか?

参考:◇否定疑問

 否定疑問の形骸化と仮定文脈提示

次の否定疑問を見てください。
  1. いいじゃん
  2. いいじゃないですか
  3. いいんと違いますか
いずれもほぼ同じ意味で、違和感はないと思います。

では、次はどうでしょうか?

  1. XがYだとするじゃん、そしたらZがWになるんだよ
  2. XがYだとするじゃないですか、そうするとZがWになるんです
  3. XがYだとすると違いますか、そうしたらZがWになりますねん
3は全く受け入れ不能で、2は人によって微妙に抵抗があるのでは ないでしょうか?1は、不自然と感じる人がいないとは言えませんが 多くの人に受け入れられるのではと考えています。

これは「じゃん」の否定疑問として形骸化してしまっており、「違いますか」 がまだ形骸化を起こしていないからです。

仮定文脈提示に「じゃないですか」を使った場合の違和感には、 「おしつけ」を感じてしまうという面もあります。これは否定 疑問が否定を許さないからでしょう。「じゃん」も同じはず ですが、形骸化の度合いが強いため抵抗が少ない。

 否定疑問の形骸化と事実文脈提示への導入

文脈提示にどのような形式を用いるかを考えた場合、 あくまで、文の基本の流れ、前提にすぎず、それ自体に 対しての議論を呼ばない形式が必要です。

そこで選択されたのが、既に仮定文脈提示に於いて 抵抗感のなくなっていた、形骸化した否定疑問なのです。

「XがYだとするじゃん」という仮定文脈提示が許されるのであれば 仮定でない事実に基づく文脈提示、例えば「おれ朝弱いじゃん」が許されて もよいのではという考えです。

「じゃないですか」の前に「じゃん」にが導入され、「じゃないですか」に なった可能性もあります。

ただし、今の所、この導入は必ずしも成功しているとは言えません。 定着してしまうのでしょうかね?

### 他の解釈

次のような解釈もあろうと思います。

「相手が自分の事を知っているはず」という甘えによる、という 解釈。

「私は朝弱い」という形式は2度3度と使うと「知ってるよ」という 反応を引き起こしやすいので避ける、という解釈。

### 余談

「とちがいますか?」「じゃありませんか?」と「じゃないですか?」、「じゃん」の差 はどこまで本来の「否定形の疑問」の雰囲気を保っているかです。多分

### 自分でも試す

この万象酔歩ってブログは、基本的には他の人が言っていないことを書こうとしてる 訳じゃないですか。他の人と同じことをわざわざ書く必要はありせん。 で、たまに他の人が同じ様な事を言ってるのを、しかも先に言っているの を見つけたりすると、 まあ 広い世の中なので同じ意見を言う人がいてもおかしくはないし、 それに同じ意見の人がいること自体はうれしいのに、 なんか、がっかりしちゃうんですよ。記事消しちゃおうかと思ったり。 。。。 ていうか 、メモ記事は別ですよ。メモ記事は少し独自の考えも述べている 部分があるとはいえあくまでメモなんで。

うん。便利かもしれん。でも、使い始めるのはもう少し待とう。

--- 以上 : 先頭へ ---

| | トラックバック (0)
|

◇には、では、とは:格助詞複合

 格助詞複合

格助詞は体言(名詞、あるいはそれに準ずるもの)に付き、 その論理的役割(格)を明示するものです。

格には論理の主体を現す主格、対象を現す対象格、 舞台/条件/道具などを現す舞台/道具格、目的舞台/対象舞台/ 目的条件などを現す目的舞台格や、列挙格などがあります。

主格を与える格助詞には「は」と「が」があります。
「は」と「が」は、 ◇命題構文と陳述構文以降何度も述べていますが、 例えば

ゾウ「は」鼻「が」長い
主体:「ゾウ」
 に関し
命題:「鼻が長い」
主体:「鼻」
 に関し
命題:「長い」
 がなりたつ
がなりたつ
という形で論理を構成しています。

舞台/道具格を与える格助詞には「で」、対象舞台格を 与える格助詞には「に」があります。

対象舞台そのものを主体に置く文、例えば、

主体:「対象舞台としての庭」
 に関し
命題:「鶏がいる」
主体:「鶏」
 に関し
命題:「いる」
 がなりたつ
がなりたつ
という文はどのように作れるでしょうか?

対象舞台格格助詞「に」と主格格助詞「は」を組み合わせればよいのです。

庭「には」鶏がいる

この文の主体が「対象舞台としての庭」であって「鶏」ではないことは

  • 庭に鶏がいる
と比較すれば明らかでしょう。

2つの文

  • 庭に鶏がいる
  • 庭には鶏がいる
は主体が異なるのです。
「庭に鶏がいる」の主体は「鶏」ですが、「庭には鶏がいる」の 主体は舞台としての「庭」なのです。
一般の日本人なら、この2つの文の意味合いの差、何が主体かの差、 は分かるはずです。

「は」は格助詞の王であり、「庭に」などの格句を体言化し 主格を与えるという強力な論理能を持つのです。

「が」はその命題となる文が「が」を含む構成となるため
"庭に「が」鶏「が」いる:NG"
といった構成はとりえないため、複合することは少ないの すが、「のが」「とが」などはあり得ます。
「君"のが"よいか、僕"のが"良いか」
「あれとこれ"とが"ぶつかって」

別の記事でも述べていますが「は」は格助詞です。「は」を格助詞としない 意見の理由として他の助詞と結び付くことを上げる学者がいるようですが、 「が」も結びつく場合があるのです。

--- 以上 : 先頭へ ---

| | トラックバック (0)
|

◇格助詞「は」と「が」の主体

 陳述構文と命題構文

格助詞「は」と「が」についてはこれまでも

で述べてきました。
「は」と「が」はどちらもある主体に対しある命題が成り立つという論理を 現しています。
  • 空は青い:「空」に対して「青い」が成り立つ
  • 空が青い:「空」に対して「青い」が成り立つ
違いは「が」を用いた構文はそれがさらに「命題」として 提示されるものとして、上位構文に組み込むことができます。
  • 今日は空が青い「今日」に対して「「空」に対して「青い」が成り立つ」が成り立つ
という形です。

 主体となりうるものの差

どのような文でも同じように主体と命題を与えることができるの でしょうか?

実はとりうる主体には若干の差があります。
命題が他動詞の場合、「が」はその目的語を主体にすることは できません。
  • 水は飲む:飲むの目的語としての水の場合でもこの文は成り立たつ
  • 水が飲む:飲むの目的語としての水の場合この文は成り立たない
これは「が」がその真偽を問うための命題を構成するため、 構文の論理構造をより限定的に行う必要があるからです。
「水が飲みたい」は命題が「飲みたい」という状態詞であり 他動詞の直接の目的語という形ではないので成り立ちます。

なお、 「は」を用いた目的語を主体とした陳述構文は可能ですが、 通常、その陳述を「命題」として引用し、動作主を主体 とする陳述として

  • 僕は「水は飲む」のだけど「お茶は飲まない」のです
といった文を構成します。「の」や「と」といった明確な 引用提示を行わなくても陳述引用であることは判断可能 なため直接「僕は水は飲むけどお茶はのまない」という表現 もできます。

 格助詞の複合

「は」は舞台格「が」や対象/舞台格「に」などと複合した 形態をとることはできますが「が」はできません。

これに関しては ◇には、では、とは:格助詞複合 で述べています。

--- 以上 : 先頭へ ---

>

| | トラックバック (0)
|

◇格助詞「が」と「を」そして「は」

さすがに格助詞「が」と「を」の使い方を間違える人はいません。
しかし、「水を飲みたい」と「水が飲みたい」の差を明確に述べよ と言われて咄嗟に答えるのは難しいかもしれません。

「が」と「を」は

  • 「が」は主格
  • 「を」は直接対象格
を表します。

 主格とは

主格とは、

  • ある命題が、ある主体に対して成り立つ
ものです。
動作主体であったり、同値主体であるわけではありません。

「水が飲みたい」というのは「飲みたい」という命題が「水」に対して 成り立っているということを表します。

 直接対象格とは

これに対し直接対象格とは

  • ある動作の作用対象
を表します。

「水を飲みたい」は「水」は「飲む」の作用対象です。

 「僕は水が飲みたい」と「僕は水を飲みたい」の差

◇概念構文(命題構文)と陳述構文 でも述べましたが「が」は対象文が「命題」として取り扱われる ことを表します。

「僕は水が飲みたい」は「水が飲みたい」という文が「命題」であり それが「僕」に対して成り立っているということを示します。

もちろん「僕は水を飲みたい」でも「水を飲みたい」が「僕」に対して成り たっています。

この2つの文は論理構成が異なります。

  • 「僕は水が飲みたい」では
    • 「水」を主体とする「水が飲みたい」が
    • 「僕」の命題としてなりたっている
    のに対し、
  • 「僕は水を飲みたい」では
    • 「水」は
    • 飲みたいの作用対象に過ぎない
のです。

この論理構造の差により、

  • 「僕は水が飲みたい」では「飲みたい」より
    • 「水」が強く提示され、
  • 「僕は水を飲みたい」では「飲みたい」と「水」 が同程度あるいは
    • 「飲みたい」が少し強く提示される
ことになるのです。

 ついでに 「僕は水は飲みたい」

◇概念構文(命題構文)と陳述構文 でも述べているように「は」は事実の陳述です。

「が」による 構文は命題としてその構文を包含する構文内で命題として取り扱われ 真偽の評価対象となりますが、「は」による構文は陳述であり 基本的にはそれに対する評価は行われません。

従って「僕は水は飲みたい」は論議対象ではなく、「僕は水は 飲みたい、でもお茶は飲みたくない」といった形をとるのです。

--- 以上 : 先頭へ ---

| | トラックバック (0)
|

◇格助詞「に」と「を」の違い

格助詞「に」と「を」は明確な違いを持つ言葉であり、 一般的に誤用されることはまずありません。

この2つは

  • 「に」は対象地格+舞台格
  • 「を」は直接対象格
です。

例えば、

  • 階段にのぼる(めったにありませんが)
  • 階段をのぼる
では、「に」は階段が対象地(目的地)+舞台であり、「を」では、 単なる対象であることが分かると思います。

「屋根にのぼる」「屋根をのぼる」でもその差は分かるでしょう。

以上の例は、意味的に「に」も「を」もありうる場合ですが、
最近民放TVで気になるのが

 「ボールが民家の窓"に"直撃」

という言い方です。

"に"というのは「目的舞台」を現します。
「あたる」であれば、窓なら窓という舞台でそれは起りますので 「ボールが民家の窓"に"あたる」という言い方は正しい表現です。

しかし「直撃」というのはその直接の対象となる舞台、例えば「窓」 で起るのではありません。回りの空間を含めた空間の中"で" その対象"に"起るのです。回りを考えるからこそ「直」なのです。
従って、舞台をそこ、例えば窓に、制限する「に」を用いるのは 正しくないのです。

この場合は、直接対象格である「を」を使い 「ボールが民家の窓を直撃」というべきなのです。

「自動詞」か「他動詞」かという観点でみると、自動詞は直接目的語 を取りえませのでそれの起こる対象舞台を「に」で指定し、他動詞は 直接目的語を「を」で指定します。
例えば、「当たる」は自動詞なので「に」を使い「窓に当たる」となり 「たたく」は他動詞なので「窓をたたく」となります。
「直撃する」は他動詞なので「窓を直撃する」となります。「直撃する」 を自動詞と見なすことが絶対に許されないとまでは言えませんが、 抵抗を感じます。

そして、どうも世間一般の人と NHKは「を」を使い、民放のTVアナウンサーのみが「に」 を使っているように見えるのです。
もちろんこれは調べつくした訳ではなく、あくまで気がついた範囲での「感じ」です。

「ら抜き言葉」などの取り扱いを見ても、世間一般の人は 日本語をより明確な使い分けを持つ合理的なものしようと しているのに対し、 マスコミはより曖昧で使い分けの少ないものにしようと しているように感じられます。 (言葉の使い分けを無くす というのはある意味ではマスコミとしての合理なのかも しれませんけど)

 ###

もちろん、もし世間一般が「に」を使うのであれば、それが正しい日本語 であり、普通の人がしゃべる分にはどうあっても大した問題ではありません。

でも、耳にしません。「直撃」という表現自体を普通使わないですしね。

「バールのようなもの」とか「緊張の色を隠せない」とか「水銀柱がうなぎのぼり」 だとかマスコミ以外では聞くことのない言い回しは沢山ありますが、 それに近いマスコミ用語+マスコミ文法なんでしょうかね。

ついでにいうと、
最近TVなどで気になるのが、アポイントを取らずにインタビューすることを 「直撃」と表現すること。
とても下品な表現だと感じます。
「誰それにお話しを伺ってまいりました」でいいではないですか。
コンビニ言葉やファミレス言葉、若者言葉の批判が良くマスコミでなされますが、 その前にマスコミ言葉をなんとかして欲しい。

「に」と「へ」に関して ◇格助詞「へ」と「に」の意味 に記述しています。

 余談:漢字と日本語のミスマッチ

昇る、上る、登る、日本語としては一緒なんですけどね~。 この記事では「のぼる」にしました。
(余談のさらに余談:昇るなど自動詞だと思えるんですが 日が東の空'を'昇るなんて書けるのかな?)
(余談の更なる余談のそのまた余談:自動詞が自・動詞 でなく自動・詞に見えて仕方がない。勝手に動く言葉かい)

あぶらだって、油と脂に分けるのはどうも気に入らない。

声をあげるのも、手をあげるのも一緒にしたい。

| | トラックバック (0)
|

♪「いかんぜよ」:土佐弁アクセント考

多分、この一年くらいの間は「土佐弁もどき」がかなり聞こえてくるんだろう なあ、、と思っています。

ドラマや映画で地方の方言を用いる場合、全国に通じる形にしておく 必要があります。

特に時代劇の場合、当時と今ではかなり違っていることもありえますので、 細かなことを言っても仕方ありません。

と、分かってはいるのですが、、、、やっぱり気になります。

 時制(相)

一番気になるのは土佐弁の核心である時制(相)で これに関しては ◇進行形と完了形;土佐弁考察で述べました。

これは脚本家さえしっかりしていれば良く、俳優に負担をかけるものでは ありません。

とはいえ残念ながら、きちんとしたものを聞くことは殆どありません。

少し見ただけだったのですがNHK大河ドラマ「龍馬伝」 はきちんと出来ていました。広末涼子も出てますしね。

2010/2/16 龍馬伝:「幕府は何をしちょったがよ」(過去完了形)ではなく「幕府は何をしよったがよ」 (過去進行形)が正しい。

2010/2/16 龍馬伝:。。。広末、いいねえ。(本ブログっぽい発言ではないけど)

2010/5/30 龍馬伝:実は最近は殆ど見ていない。チャンネルは合わせては みるのだけど、画面が受け付けられない。 フィルム風を狙って、コントラストを落とし、黒レベルを上げ、色(緑だねえ)を被らせ、 コマ数を落としているんだけど、あまりにも不自然。せめて色フィルタは外してもらわない と、どうしても目に幕がかかったようで気持ち悪い。で、残念ながら、内容に入る前に 目が嫌ってしまう。

 アクセント:いかんぜよ

アクセントはかなり関東の方とは違っていますので、細かく合わせることは 難しいでしょうね。

例えば「高知」なども関東では「こ」が高く、「お」「ち」が下がるのですが 土佐弁では高め平坦になります。

アクセントのパターンは「平坦」「低-高」「高-低」など色々ありますが、 一つだけ土佐弁でまずないパターンは三音以上の単語で「低-高-低」と第2音だけ が高くなるものです。

例えば「いかんぜよ」などテレビでは第2音が高いアクセントにされてしまう ことが多いのですが、前3音が高めの平坦で話すのが正しいのです。

 間違ったアクセントの「いかんぜよ」

 正しいアクセントの「いかんぜよ」

平坦なアクセント(本物の土佐弁)の方が柔らかく響きます。

 アクセント:空が青い

第2音だけが高くなることがないのはあくまで3音以上の単語の場合 であり、例えば「空(そら)」という単語は 低-高 のアクセントを もち、「空が」となった場合でも 低-高 は保たれ、低-高-低 という アクセントとなります。

ところが全ての場合を高-低-低..とする変なアクセントを 使う"偽土佐弁"も良く耳にします。
残念ながら龍馬伝もこの傾向があるようです。

例えば「空が青い」は

 間違ったアクセントの「空が青い」

 関東アクセントの「空が青い」

 正しい土佐弁の「空が青い」

土佐弁風にしようとしていることは分かるのですが、これなら、そのまま 関東アクセントの方が自然です。

2010/2/16 龍馬伝:例えば、「黒船が来るとは」の「来る」も 正しくは"く"が低く"る"が高いんですけどねえ。

 「つ」の発音

この発音が出来れば土佐弁でなくても土佐人だと感じるのが、

 「つ」の発音

です。

説明するのはちょっと難しいのですが、関東の「つ」よりs成分が 微妙に弱く、u成分は少し強いが関西弁ほど強くはない、という 感じなのです。

TVなどでも「あ!高知出身だ」とすぐ分かることが多いし、 昔ヒマラヤに行ったときに大阪弁に混じって(世界中どこに いっても大阪弁が響き渡っているように思えますが。。) 土佐の「つ」が聞こえて来て、尋ねるとやはり高知の 人でした。

「ひ」もちょっと違うように聞こえますが、もっと説明が 難しい。

昔は「づ」と「ず」の区別もしていたんだけど、最近は差が 無くなってしまいました。僕も殆どこの区別はしません。

 ### ぜよ

土佐弁と言えば「ぜよ」ということになるのですが、実はこの「ぜよ」は 割と強い言葉なので、そうそういつもいつも使う訳では ありません。

決意を表す訳でもなく、他人を引っ張るわけでも ないのに「行くぜよ」などとは言いません。

軽く言う場合は「~から」という意味の「き」を使って 例えば「ほいたら、これで帰りますきに」(それでは これで帰りますから)といった風に言います。 「帰る」 の代わりに「いぬる」とちょっと古い人なら言います。

「ぜよなんて言わない」と言う場合も普通の言い方なら 「ぜよなんて言わんよ~」となります。~は語尾が少し 伸びている感じを示します。

とは言え、強めに言いたい場合「ぜよ」は使います。 若い人は使わないという 誤解もあるようですが、やはり使います。ものごとを 強く言わない人が使わないのです。
昔の時点(僕が子供の頃)での爺さん婆さんでも 柔らかくしゃべる人は「ぜよ」は使いませんでした。
「ぜよ」は品がない言葉という 訳ではありません。少し強めの言葉なのです。

例えば「行くぜ」などというのも、普通の感覚の人は、 そうそういつもいつもは使わないはずです。

 ### 余談:熊(くま)のアクセント

土佐弁とNHK標準語は結構アクセントが逆のことが多いのですが、 「熊」はどちらも 高-低 で一致しています。

いや、一致していました。

最近はなぜか 低-高 を耳にすることが多くなって きました。
アクセント辞典にも両方が書かれるようになってしまいました。

まあ。。。。変わるんでしょうね。。アクセントも。

 ### 完全な余談:時制(現在/過去/未来)と相(進行/完了など)

時制(相)に関連する記事を何本か書いています。

そのたびにどうも不自然に感じるのが、時制と相を 合わせた言葉が無いことです。

もちろん、一般には時制だけで通じるとは思うのですが、 ちょっと躊躇してしまいます。以前の記事で一度「時制」 としたのですが、気になってすぐ「時制(相)」に 修正してしまいました。

本当はテンスが時でアスペクトが制で 合わせて時制とするのが良いというのは別記事でも 述べました。

やはり、時制(相)や「時制と相」と言う書き方は鬱陶しいのでこれからは 大きな誤解を生まない範囲で「時制」で行こうと思っています。

| | トラックバック (0)
|

◇XXXですがYYYです。文章のくせ

自分で書く文章で、ひっかかるのが

  • なになにですが、なになにです
という言い回しの多さです。

2つの用途で使っています。

  1. 否定的文の接続
    例)本当はこの言い方は避けたいのですが、ついつい使ってしまいます。
  2. 文脈提示
    例)昨日山に行ったのですが、それはそれは良い天気で。

もちろん、文を分ける工夫はするにはするのです。

しかし、例えば文脈提示で文を分けると、本来言いたいことより 前文の方が目立ってしまうことがあったり、 否定接続の場合も、本来の文が弱くなったりします。

日本語は連続する複数文で本来論理をたたみかけるような構造 を採りますので、あえて「が」を使って文をつながなくてもよ いはずなのです。(※)

例えば次の文

随分以前の話なのですが、おそろしく目が疲れる表示装置(コンピュータ端末)がありました。
はあえて'が'でつながず
随分以前の話です。おそろしく目が疲れる表示装置(コンピュータ端末)がありました。
としても、2つの文の論理(文脈提示と特定命題)はつながっているのです。
このような性質が強いため、逆に論理つながりの弱い文を 並べる場合"まあ"という論理打ち切り語が必要になるのです。

否定文のつながりはもちろん「しかし」などで行うことができます。

本当はこの言い方は避けたいのです。しかし、ついつい使ってしまいます。

人はそれぞれ口癖があります。

文章癖もあるんでしょうね。

他の人の文でこの言い回しが気になったことはありません。
やはり余り多用すべき文ではないと思います。

#### ※
「が」という日本文の話なので「日本語は」と言っています。他の言語 に関してそうではないと言っている訳ではありません。(念のため)

#### 
この記事は、たまたまココログの不調のため、Seesaaの方に載せたもの ですが、少し修正を加えココログに移動することにしました。

--- 以上 : 先頭へ ---

| | トラックバック (0)
|

◇夏とは言えど片田舎:知識と論理

「夏とは言えど片田舎、木立も森もいと涼し」

すばらしい描写ですよね。
物語の舞台をその空気感まで一気に示している。

ヒートアイランド現象など無い昔でも街中と 片田舎の温度差は大きかったんでしょうね。
子供の頃の記憶でも、夏でも少し奥に入った田舎の親戚 の家に行くと随分すずしく、しかも裏の神社などは ヒヤッとするくらいの温度差を感じたものです。

文の構造もすばらしい。

「夏」という概念の対立概念として「片田舎」を出し、 その対立軸が温度にあるということを「木立も森もいと涼し」 で示し論理構造の補強をしている。

実に良く練られた文です。

ところが、ある学者が、多分国語学者か英語学者だったと思うのですが、この すばらしい文を「日本語の非論理性の代表だ」と評していたのです。
いわく「夏と片田舎は関係ないではないか」と。

しかし、仮に「夏とは言えど富士山頂」という文であれば、非論理的だと いう非難はしないとと思われます。夏とは言っても富士山頂は 寒いだろうなという基礎知識があるからです。
そして、片田舎であろうと富士山頂であろうと、文の論理構造は 同じであり、これを言語の非論理性とは結びつけることはできません。

論理構造を受け持つのが言語であり、内容の論理性は言語とは別の レベルに属します。

「夏とは言えど片田舎」の内容の論理を理解するためには、"片田舎 は夏でも少し涼しい"という知識が必要です。
これを非論理的と言った学者は単に知識を持っていないだけなのです。

さらには、この文は後ろで「木立も森もいと涼し」として、論理内容の 補強を行っています。
仮に片田舎の知識を持たない人間でも、この部分で「夏」の概念と「涼し」 という概念の対立は分かるのではないでしょうか?
もちろん「夏は暑い」という知識も欠落している場合は別ですが。

日本語は論理構造を極めて明確に示す言語です。そのため 各要素の内容に頼らず要素間の論理関係を示すことができます。 それは知識がない場合混乱をもたらす可能性はあります。

論理が見えない話は大概の場合、知識の欠落によります。
そして話をきちんと聞いていないという問題もあります。

この「夏とは言えど片田舎」の論理が分からないというの はまさにその典型です。
仮に「夏」と「片田舎」の対立が直ぐには分からなかったとしても 後に続く「涼し」によってこの文の論理は通常理解できる ものなのです。

ということで、非論理性を批判する場合、自らの知識と 自らの理解力に関しても少し目を向けるべきかもしれない なというお話です。

--- 以上 : 先頭へ ---

| | トラックバック (0)
|

◇格助詞「へ」と「に」の意味

格助詞「に」と「へ」は明確な違いを持つ言葉であり、 一般的に誤用されることはまずありません。

この2つは

  • 「へ」は単純な目的地格
  • 「に」は対象地格+舞台格
です。

あるいは次のように言うこともできます

  • 「へ」は対象地(対象体/対象状態)(へ)の移動
  • 「に」は対象地(対象体/対象状態)(に)存在する/存在させる/事象を起こす

「そこへ行く」というのは単に移動を意味します。「そこに行く」は 移動しそこを新たな存在地とすることを意味します。

「へ」は移動ですので「そこへいる」という 表現は成り立ちません。「そこにいる」となります。
「そこへ住んでいる」は移動先地としての「そこへ住む」の状態形ですが 使える場面は限られます。「そこへ留まる」の微妙さも移動の概念の 問題です。

舞台格としては「で」もありますが、「で」は対象地格ではありませんので 移動先として「そこで行く」という表現は成り立ちません。
「そこで住む」は住むことが中心ですが「そこに住む」はその場所が話の主対象 となります。

意味的にそれぞれ少しずつオーバーラップします。
しかしそれは「曖昧」ということではありません。

| | トラックバック (0)
|

◇明日来れる?ら抜きの突破口

「ら抜き言葉」こそあるべき姿だと思っています。
本ブログの記事でも何度もその旨を述べています。
しかしながら、実は、自分ではなかなか「ら抜き言葉」を使えないでいます。

ら抜きに関して最近気になっている言葉があります。
「来られる?」「来れる?」
です。

例えば、「明日来られる?」と尋ねる時、 微妙な違和感を感じるのです。
違和感の原因は、尊敬語との競合にある感じがします。

なぜ、そのようなことが起こるのでしょう?

明日来るかどうかを尋ねる場合を考えてみてください。
大概の場合
・来る意志があるか
・来ることが可能か
どちらでも不思議ではなく、どちらであるかの判断は困難です

これに対し例えば「見る」の場合
 ・見る意志があるか
 ・見ることが可能か
のどちらであるかは大概の場合明白でしょう。

さて、「明日来られる?」という可能性の質問を
・来る意志があるかという文脈
でとらえるとどうなるでしょうか?

「明日来る?」の尊敬語として受け取られてしまいます
しかも、間違った尊敬語の使い方です。(正しい尊敬語は「おみえに なりますか」です)

この曖昧感と、尊敬語を使う場面ではないのに尊敬語っぽく 聞こえる場違い感と、尊敬語としての間違った使用に 思える間違い感があいまって、違和感を呼ぶのでしょう。

可能性を問うならやはり「来られる?」より「来れる?」 の方が違和感は少なく、当然「来れる?」を使うべきです。

ということで、「来れる」が日本語のあるべき姿である「ら抜き」 への突破口になるでしょう。

 ### 余談:お手軽ラレル尊敬語をやめよう

ところで「られる」「aれる」によるお手軽尊敬語は いつごろ出てきたのでしょう?
そんなに歴史がある感じはしません。
だいたい尊敬語をこんなお手軽形式にしてはいけません。
「先生が喋られたように。。。」だとか「先生が食われたお食事は。。。」 とか変な使い方の元でもあります。

「ら抜き言葉排斥運動家」の皆さん、ら抜きなどよりこの 「お手軽ラレル尊敬語」を排斥しましょう!

学校ではこう教えましょう。

  • 可能表現では「ら」を抜きましょう。
  • 尊敬語としての「られる」は使ってはいけません。
  • 「られる」は受身でのみ使います。

NHK始め、明確さの要求される放送機関もぜひこの方針で。

| | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧