« ◆日本語と他言語の比較法の謎:文法 | トップページ | ◇bashメモ:いくつかの雛形 »

◇ダークマターの闇

ダークマターがどんどん闇深くなって来ている話

 銀河円盤部の回転とケプラーの法則

当初銀河の回転速度がケプラーの法則からずれておりこれがダークマターの証拠だとされていました。

しかしケプラーの法則は太陽系のように中央部に質量があるだけで回りはほぼ空っぽの空間を惑星が回っている状態のものであり、明らかに質量を持つであろう円盤部が見えている銀河に適用することはできません。

ニュートン力学の計算法をかじった人間であれば、銀河にケプラーの法則を割り当て「理論値」などとするのは無理だとすぐにわかるはずです。

さすがに無理だと分かったのか、最近は円盤部の回転にケプラーの法則を持ち出す例を見なくなりました。

 外側の星のほとんど無い領域の回転

回転速度が一定になるのは銀河の外側のほとんど星のない領域という記述が出るようになりました。

中央部の距離に比例して速度が増している部分は、一定の質量密度が球形に分布しているはずです。

銀河全体がそのようになっていると?

円盤部の回転論以上に馬鹿げています。

 位置なんかどうでもいい

ついには、どの部分の速度かを言わず、回転が速すぎて、観測される質量では足りないという話になってきました。

もはやどこの速度かも隠し、どのように質量を見積もったかも隠しています。

議論に負け癇癪を起しているようにしか見えません。

 銀河の回転はうやむやにして。。。

最近のはやりは、銀河の生成と分布です。

初期宇宙では物質は一様に広がっていたはずなので、銀河のように集まることはあり得ない。
ダークマターの分布にむらがあり、それによって星が集まり銀河が形成されたというのです。

なんで物質は一様に広がっていて、ダークマターにはむらがあったのか全く説明がありません。

酷すぎませんか?

 銀河の衝突とダークマター

銀河の衝突時に銀河は互いの重力の影響でもつれ形が崩れます。

ところが、普通の物体の衝突のようにはならず、形は崩れつつもすり抜けるような動作となります。

銀河は一見目玉焼きのような物体のように見えますが、星と星の間は数光年あり、銀河が衝突しても星と星が衝突することは殆どありません。
目玉焼き2つをぶつけるのとはわけが違います。

ところがこの現象を、「星はぶつかるがダークマターは衝突しないので、銀河が互いをすり抜けるような形になる」という論が出てきました。
2つの銀河が衝突合体するが、元の銀河にあったダークマターはぶつからず、すり抜けると言ってるようにもとれます。
(論旨を把握しかねています)

 ダークマターの正体

ダークマターの正体はダークマター論者の心の闇にしか見えなくなりました。

|

« ◆日本語と他言語の比較法の謎:文法 | トップページ | ◇bashメモ:いくつかの雛形 »