« ◇WF-1000XM4で地を這う重低音気分 | トップページ | ◇Garmin fenix 6 proの個人的操作説明書;8時9時 »

みむく、ふごや、ひよなとー!

m(_ _)m 雑談です

 9個が把握できなかった

以前の記事
◆9人いる!視覚による数の把握 で一目で9人という数を把握したということを書きました。

が、
9個の数字を見て10個と「直感」する事態/事故が発生しました。

次の数

   000000085

を見て10桁だと「感じた」のです。

その後、見かえしても直接9個とは認識できず、0000000の7個の0と85という2個の数字が分かり、9桁だと気づきました。

しかもその7個も4個と3個のように分断して見ている感じなのです。

この記事を書きながら眺めていると、00000(5個の0)と0085(4個の数字)のようにも見えてきました。
いずれにせよ9個と直接は認識できなくなっているようです。しかも7個も怪しい。

「乳幼児は3個まで、成人は大体7個までを一目で認識できる」と聞いた事がありますが、平均的認識力を下回ってきたのかと心配になってきています。

同じ図形である0が並んでいるので、視点が滑って認識しづらいのかと思いました。しかし、例えば本棚の本を眺めて9個の単位で追いかけることができるかというとそれも出来なくなっています。
(別の問題として、7個を把握しても、次の単位にうまく進めません。視点を動かすときに、境目の認識が曖昧になるよう)

 ひと~つ、ふた~つ;みむく、ふごや、ひよなとー

一個ずつ数えていく習慣をつける必要があるかもしれません。
あるいは「に、し、ろ、は、と」と2つ刻みで数えるとか。
「さん、ろく、きゅー」は少し難しそうで、「ご、じゅう、じゅうご」くらいはなんとかなるかも。
3×(3、3、3、1)飛び(計30)なら「みむく、ふごや、ひよなとー」(最後に'トー'を付けるとなんか、変身ヒーローの叫びのようになりますね。なお、'く','ご'は大和言葉的には'ここ','いつ'ですけど'く','ご'が分かりやすいかと)

幼稚園でだったと思うのですが、先生がリンゴ複数個並んでいる絵を見せて「何個ですか?」と問い、即座に「7個」などと答えると、「ちゃんと一つずつ数えなさい」と注意され、仕方なくリンゴを指さしながら「ひと~つ、ふた~つ」とやった記憶があります。
(なんか馬鹿にされているようで、いやな感じを強く受け記憶に刻まれました。基礎をしっかりするということだったんでしょうね)

仕事でも一目で5個であるものを「1,2,3,4,5」と数えている人がいて不思議に思ったのですが「事故防止」の為には重要なことだったのだと、今気づきました。

 変身

スーパーヒーロー変身時の叫び。それぞれ変身後のエネルギーと変身していられる時間が違います。

「ひふみ、よごむ、なやくとーっ!」

「ふよむやとーっ!」

「みむく、ふごや、ひよなとーっ!」

「よやふむとーっ!」

「ごっ、、、とーっ!」

「むふやよとーっ!」

「なしひ、やごふ、くむみとーっ!」

「やむよふとーっ!」

「くやな、むごよ、みふひとーっ!」

「とーっ!」

。。。

「いいーっ!」

|

« ◇WF-1000XM4で地を這う重低音気分 | トップページ | ◇Garmin fenix 6 proの個人的操作説明書;8時9時 »