« ◇CentOS7にminimServer導入 | トップページ | ◇Javaで簡易Httpサーバを作りLinuxでサービス化する »

◇ubuntuにminimServer導入

ubnuntuにminimServer(DLNAサーバ)を導入しました。


YAMAHA AvControllerでアクセス

音楽媒体は ◇WalkmanのSDにfoobar2000DLNA同梱で作成したマイクロsdカードです。 ボリューム名はfoobarとなっていますが、今回はwalkman用のMUSICフォルダのみ見ます。 walkman用に使っているsdカードがそのまま使えます。

 事前準備;exfat/java/ポート

 exfatの導入

exfatを導入し、自動マウント化します。

; exfatインストール
$ sudo add-apt-repository universe
$ sudo apt update
$ sudo apt install exfat-fuse exfat-utils

;デバイス確認(A) sdを抜き挿ししdmesgコマンド
$ dmesg
[...] scsi 0:0:0:0: Direct-Access     USB Mass Storage Device        PQ: 0 ANSI: 0 CCS
[...] sd 0:0:0:0: Attached scsi generic sg0 type 0
[...] sd 0:0:0:0: [sda] 499744768 512-byte logical blocks: (256 GB/238 GiB)
[...] sd 0:0:0:0: [sda] Write Protect is off
[...] sd 0:0:0:0: [sda] Mode Sense: 03 00 00 00
[...] sd 0:0:0:0: [sda] No Caching mode page found
[...] sd 0:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through
[...]  sda: sda1<- デバイスはsda1とみられる

;デバイス確認(B) 勝手に例えば/media/XXX/foobarなどとマウントされいる場合
$ mount | grep foobar
/dev/mmcblk0p1 on /media/XXX/foobar type fuseblk (...)&;lt /dev/mmcblk0p1

; マウントポイント作成
$ sudo mkdir /media/foobar
(foobarという名前は当初foobar2000用のsdだったからです。適当に付けてください)
; マウント
$ sudo mount -t exfat /dev/sda1 /media/foobar
FUSE exfat 1.2.8
$ cd /media/foobar
$ ls
./            LEARNING/                   foobar2000.bat*      startFoobar.sh*
../           MUSIC/                      foobar2000.command*
DevIcon.fil*  System Volume Information/  foobar2000_bin/
DevLogo.fil*  default-capability.xml*     killFoobar.sh*
アクセスできていることが確認できた

次の様にして自動マウント化します。(A)

; 自動マウント化 blkidでUUIDを取得しfstabで設定
$ sudo blkid /dev/sda1 
/dev/sda1: LABEL="foobar" UUID="3163-3961" TYPE="exfat"
$ cd /etc
$ sudo cp fstab fstab.sav
$ sudo vi fstab
--- 次の行追加 UUIDはblkidで取得した値
UUID="3163-3961" /media/foobar exfat nofail 0 0

あるいは(B)
$ sudo blkid /dev/mmcblk0p1
/dev/mmcblk0p1: LABEL="foobar" UUID="3932-6238" TYPE="exfat" 
$ cd /etc
$ sudo cp fstab fstab.sav
$ sudo vi fstab
--- 次の行追加 UUIDはblkidで取得した値
UUID="3932-6238" /media/foobar exfat nofail 0 0


$ sudo reboot

 javaのインストール(確認)

Javaが必要なので確認します。

$ ava -version
openjdk version "11.0.7" 2020-04-14
OpenJDK Runtime Environment (build 11.0.7+10-post-Ubuntu-2ubuntu218.04)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 11.0.7+10-post-Ubuntu-2ubuntu218.04, mixed mode, sharing)

無い場合は次の手順でインストールします。

$ sudo apt install openjdk-8-jdk

 firewallのポートオープン

9790/tcpと9791/tcpが開いている必要があります。

$ sudo ufw status
状態: 非アクティブ

firewallが有効ではないので、今回はこのまま行きます。

 minimServerのインストール

単純にファイル群を適当な場所に展開します。ただしexfat媒体はリンク(ln -s)不能の為不適切です

http://minimserver.com/downloads/index.html から Linux Intel用
MinimServer-0.8.5.2-linux-intel.tar.gzを をダウンロードします。

$ sudo mkdir /usr/src/minimServer/
$ cd /usr/src/minimServer/
・・ここに置く・・
$ sudo tar xzvof MinimServer-0.8.5.2-linux-intel.tar.gz

 設定

設定はコマンドラインから行います。

詳しくはMinimServerガイドを参照してください。

$ cd /usr/src/minimServer/minimserver/bin
$ sudo ./setup disable_desktop
$ sudo ./setup enable_autostart
$ sudo ./startc
; コンテンツフォルダを指定
> prop contentDir=/media/foobar/MUSIC
> rescan
restarting MinimServer[ubuntu]
starting MinimServer[ubuntu]
・・クライアントで確認
>stop
stopping MinimServer[ubuntu]
MinimServer[ubuntu] is stopped

表示法などの設定

$ cd /usr/src/minimServer/minimserver/bin/
$ ./startd     # デーモン起動
$ ./mscript    # 設定コマンド
               # プロンプトは出ない
               # prop 項目=内容で設定
               # restatで再起動
               # 何もいれずリターンでmscript終了
prop displayName=minim [ubuntu]
prop alphaGroup=Composer=25,All Artists=25,Artist=25
prop indexTags=Artist:アーティスト,All Artists:演奏,Composer:作曲家,Genre,#AudioData
; 設定内容の確認
props
alphaGroup=Composer=25,All Artists=25,Artist=25
.autoUpdate=true
contentDir=/media/foobar/MUSIC
displayName=minim [ubuntu]
http.port=9790
indexTags=Artist:アーティスト,All Artists:演奏,Composer:作曲家,Genre,#AudioData
.logFile=minimserver.log
.logLevel=info
mergeFolderAlbums=false
ohnet.debug=Default
ohnet.port=9791
showExtras=true
startupScan=true
tagCustom=AlbumArtist.displayRole={artist}, Composer.displayRole={artist}
.updateReminder=1
restart
starting minim [ubuntu]
・・・クライアントで確認
(リターン)

設定内容に関しては◇MacにminimServer導入を参照してください。

 自動起動

サービス設定をします。

;minim.serviceファイルを作成します。
;起動するのはstartdではなくstartcであることに注意
$ sudo vi /etc/systemd/system/minim.service
------------------------
[Unit]
Description = minimServer

[Service]
StartLimitBurst=0
WorkingDirectory=/usr/src/minimServer/minimserver/bin/
ExecStart = /usr/src/minimServer/minimserver/bin/startc
Restart = always
Type = simple

[Install]
WantedBy = multi-user.target
-------------------------
$ sudo systemctl start  minim
$ sudo systemctl status minim
・・・active (ruuning)確認
$ sudo systemctl enable minim
$ sudo reboot
・・・ ログインし直し
$ cd /usr/src/minimServer/minimserver/bin/
$ ./mscript
props
・・・ 設定内容が出ることを確認

 媒体入れ替え手順

minimServerサービスの停止
$ sudo systemctl status minim #念のため
$ sudo systemctl stop minim
sdのアンマウント
$ sudo umount /media/foobar/
--- sd取り外し
--- sd内容変更
--- sd挿入   (同一個体)#別sdとする場合はblkid /dev/sda1;/ect/fstab変更が必要
$ (sudo mount /media.foobar)#不要自動マウントされる
$ sudo systemctl start minim

|

« ◇CentOS7にminimServer導入 | トップページ | ◇Javaで簡易Httpサーバを作りLinuxでサービス化する »