« ◇RaspiにminimServer導入 | トップページ | ◇ubuntuにminimServer導入 »

◇CentOS7にminimServer導入

CentOS7(CentOS8)にminimServer(DLNAサーバ)を導入しました。

音楽媒体は ◇WalkmanのSDにfoobar2000DLNA同梱で作成したマイクロsdカードです。 ボリューム名はfoobarとなっていますが、今回はwalkman用のMUSICフォルダのみ見ます。 walkman用に使っているsdカードがそのまま使えます。

本記事では[OSのインストール]/[前準備]/インストールと設定について述べます

 CentOS7イントール~SSHアクセス

 事前準備(exfat,java,ポートオープン)

exfatのインストールにはepel-releaseのインストールが必要です。
epel-releaseのインストール前にyum updateを実行しておかないとyumの設定ファイルが破壊され、手作業で修復する必要が出ます。
ただし、yum updateを実行するとfirewallのリスト機能が破壊されます。

;yum update
・firewall設定の前
・yum install epel-relaseの前に行う必要がある
$ sudo yum -y update


;exfatのインストール
$ sudo yum -y install epel-release
$ sudo rpm -v --import http://li.nux.ro/download/nux/RPM-GPG-KEY-nux.ro
$ sudo rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-5.el7.nux.noarch.rpm
$ sudo yum -y install exfat-utils fuse-exfat


;exfatの確認
sdカードを抜き差ししdmesgでイベント確認
$ dmesg
[...] usbcore: registered new interface driver usb-storage
[...] scsi 4:0:0:0: Direct-Access     SanDisk  SDDR-B531        2916 PQ: 0 ANSI: 6
[...] sd 4:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 0
[...] sd 4:0:0:0: [sdb] 499744768 512-byte logical blocks: (255 GB/238 GiB)
[...] sd 4:0:0:0: [sdb] Write Protect is off
[...] sd 4:0:0:0: [sdb] Mode Sense: 21 00 00 00
[...] sd 4:0:0:0: [sdb] Write cache: disabled, read cache: enabled, doesn't support DPO or FUA
[...]  sdb: sdb1
[...] sd 4:0:0:0: [sdb] Attached SCSI removable disk
デバイスがsdb1であることが分かる


;マウントしてみる
$ sudo mkdir /media/foobar  # マウントポイント作成
$ sudo mount -t exfat /dev/sdb1 /media/foobar
FUSE exfat 1.2.7
$ cd /media/foobar
$ ls
./            LEARNING/                   foobar2000.bat*      startFoobar.sh*
../           MUSIC/                      foobar2000.command*
DevIcon.fil*  System Volume Information/  foobar2000_bin/
DevLogo.fil*  default-capability.xml*     killFoobar.sh*
アクセスできていることが確認できた


;自動マウントにする
$ sudo blkid /dev/sdb1
/dev/sdb1: LABEL="foobar" UUID="3262-6463" TYPE="exfat"
$ cd /etc
$ sudo cp fstab fstab.sav
$ sudo vi fstab
--- 次の行追加 UUIDはblkidで取得した値
UUID="3262-6463" /media/foobar exfat nofail 0 0

 javaのインストール(確認)

Javaが必要なので確認します。

$ java -version
-bash: java: コマンドが見つかりません
; javaインストール
$ sudo yum install java-1.8.0-openjdk-devel
; 確認
$ java -version
openjdk version "1.8.0_252"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_252-b09)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.252-b09, mixed mode)

 firewallのポートオープン

9790/tcpと9791/tcpが開いている必要があります。

$ sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=9790/tcp --permanent
$ sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=9791/tcp --permanent
$ sudo systemctl restart firewalld
$ sudo firewall-cmd --list-all

firewall-cmdはエラーになることが有りますが、無視して構いません。

 minimServerのインストール

単純にファイル群を適当な場所に展開します。ただしexfat媒体はリンク(ln -s)不能の為不適切です

http://minimserver.com/downloads/index.html から Linux Intel用
MinimServer-0.8.5.2-linux-intel.tar.gzを をダウンロードします。

$ sudo mkdir /usr/src/minimServer/
$ cd /usr/src/minimServer/
・・ここに置く・・
$ sudo tar xzvof MinimServer-0.8.5.2-linux-intel.tar.gz

 設定

設定はコマンドラインから行います。

詳しくはMinimServerガイドを参照してください。

$ cd /usr/src/minimServer/minimserver/bin
$ sudo ./setup disable_desktop
$ sudo ./setup enable_autostart
$ sudo ./startc
; コンテンツフォルダを指定
> prop contentDir=/media/foobar/MUSIC
> rescan
restarting MinimServer[centOS]
starting MinimServer[centOS]
・・クライアントで確認
>stop
stopping MinimServer[centOS]
MinimServer[centOS] is stopped

表示法などの設定

$ cd /usr/src/minimServer/minimserver/bin/
$ ./startd     # デーモン起動
$ ./mscript    # 設定コマンド
               # プロンプトは出ない
               # prop 項目=内容で設定
               # restatで再起動
               # 何もいれずリターンでmscript終了
prop displayName=minim [centOS]
prop alphaGroup=Composer=25,All Artists=25,Artist=25
prop indexTags=Artist:アーティスト,All Artists:演奏,Composer:作曲家,Genre,#AudioData
; 設定内容の確認
props
alphaGroup=Composer=25,All Artists=25,Artist=25
.autoUpdate=true
contentDir=/media/foobar/MUSIC
displayName=minim [centOS]
http.port=9790
indexTags=Artist:アーティスト,All Artists:演奏,Composer:作曲家,Genre,#AudioData
.logFile=minimserver.log
.logLevel=info
mergeFolderAlbums=false
ohnet.debug=Default
ohnet.port=9791
showExtras=true
startupScan=true
tagCustom=AlbumArtist.displayRole={artist}, Composer.displayRole={artist}
.updateReminder=1
restart
starting minim [centOS]
・・・クライアントで確認
(リターン)

設定内容に関しては◇MacにminimServer導入を参照してください。

 自動起動

サービス設定をします。

;minim.serviceファイルを作成します。
;起動するのはstartdではなくstartcであることに注意
$ sudo vi /etc/systemd/system/minim.service
------------------------
[Unit]
Description = minimServer

[Service]
StartLimitBurst=0
WorkingDirectory=/usr/src/minimServer/minimserver/bin/
ExecStart = /usr/src/minimServer/minimserver/bin/startc
Restart = always
Type = simple

[Install]
WantedBy = multi-user.target
-------------------------
$ sudo systemctl start  minim
$ sudo systemctl status minim
・・・active (ruuning)確認
$ sudo systemctl enable minim
$ sudo reboot
・・・ ログインし直し
$ cd /usr/src/minimServer/minimserver/bin/
$ ./mscript
props
・・・ 設定内容が出ることを確認

 sd内容の置き換え

sd内容を置き換えるには次の手順を踏みます。
sd媒体は同一個体を抜いて、内容を入れ替え、挿入する形です。

$ sudo systemctl status minim  # 念のためactive確認
$ sudo systemctl stop minim
$ sudo umount /media/foobar
媒体を抜く
内容を置き換える
 windowsで「iTunes->walkmanSD」ツールで転送後
 そのままfoobar2000を起動し、Library->stopUpnp/startUpnpし
 クライアントからアクセス確認
 必ずfoobar2000を終了させてから媒体をwindowsから抜く
媒体挿入
$ (sudo mount /media/foobar) 不要:挿入すれば自動マウント
$ ls /media/foobar #確認
$ sudo systemctl start minim
$ suto systemctl status minim

 CentOS7 minimServとは無関係な個人的メモ

|

« ◇RaspiにminimServer導入 | トップページ | ◇ubuntuにminimServer導入 »