« ◆内部散乱界面を持つ低反射パネル | トップページ | ◇神社と寺と教会と庭 »

◇「に」と「を」ー2

 道路「を」雨が打ち付ける。は間違い

以前の記事 ◇格助詞「に」と「を」の違い で「。。。直撃」というマスコミの格助詞用法はおかしいと書きました。

「。。。直撃」とすべしという通達などがあったのか最近、「に」は使われず、「を」に統一されたように見えます。

ところが、その影響か、別の変な格助詞用法が目につくようになりました。

「道路雨が打ち付ける」←間違い

「打つ」であれば他動詞である「雨が道路を打つ」で良いのですが、「打ち付ける」の核は「打つ」ではなく自動詞「付ける」でなので、「に」を使い

「道路雨が打ち付ける」

と言うべきです。
「道路に打ち付けるように雨が降る」がより自然かも知れません。

「打ち付ける」を他動詞として使うなら「風が雨を道路に打ち付ける」という形であって決して「道路を打ち付ける」とはなりません。

「釘を壁に打ち付ける」などと同じです。


こういう普通の人があまり使わない用法はマスコミの「使い方の区別を無くす」という合理のため壊されていってしまうのでしょうかね。

|

« ◆内部散乱界面を持つ低反射パネル | トップページ | ◇神社と寺と教会と庭 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/74114895

この記事へのトラックバック一覧です: ◇「に」と「を」ー2:

« ◆内部散乱界面を持つ低反射パネル | トップページ | ◇神社と寺と教会と庭 »