« ◆「地震は断層が動いて起こる」は不適切 | トップページ | ◆除湿器で水確保-2 »

◆「逃げろ!死ぬな!」を避難警報に付加すべし

 警報は「逃げろ!死ぬな!避難警報:~」とする

「特別避難警報」の「直ちに命を守る行動を」というのは良い表現だと思っていた。

でも足りない。

まず避難警報レベルで冒頭に「逃げろ!死ぬな!」を付ける。

特別避難警報では「死なないでくれ:直ちに命を守る行動を」とする。

行政の言葉として体裁は悪いかもしれないけど、そんな事を言ってる場合じゃない。

なお、命令形を使うのは命の危険があるからであって、そこに達しないレベルでは「逃げろ」は使わない。
これは「逃げろ、死ぬな」の強烈さを失わせないためにも重要。

 警報/勧告/指示

非常時に訳の分からん表現は止めるべき。
警報一本にする。
あるいは法律を変えて命令を入れてもいい。

|

« ◆「地震は断層が動いて起こる」は不適切 | トップページ | ◆除湿器で水確保-2 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「逃げろ!死ぬな!」を避難警報に付加すべし:

« ◆「地震は断層が動いて起こる」は不適切 | トップページ | ◆除湿器で水確保-2 »