« ■動画で見る光の落下の曲率と光速 | トップページ | ◆エレベーターを横切る光と時間経緯 »

バッチの落とし穴;注意;備忘録

  • 文字コードはshift-jis
  • ERRORLEVELは大文字でなければならない!errorlevelではだめ!!!
  • set文の=は前後に空白を入れてはいけない
  • 判断文の=は前後に空白を入れないといけない
  • delコマンドには">NUL 2>&1"を付加する必要がある

 バッチの落とし穴

何しろMicrosoft製なので意地悪な落とし穴が沢山隠されています。

記述法を以前の記事Windowsバッチスクリプト記述法メモ に書いたのですが、それでも忘れるので項目だけ抜き出しました

delで対象ファイルがないときに出されるどうでもいいメッセージは重要なメッセージを隠してしまいますので、 必ず">NUL 2>&1"で捨てなくてはなりません。
本来なら対象ファイルがない場合メッセージを出さないというオプションを付けるべきなのですが、 「不要なメッセージは出す、必要なメッセージは出さない」というのがMicrosoftの基本の考えなので、このように取り扱います。

なお、昔はerrorlevelでも動いたはずなのですが。。。

|

« ■動画で見る光の落下の曲率と光速 | トップページ | ◆エレベーターを横切る光と時間経緯 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/73291751

この記事へのトラックバック一覧です: バッチの落とし穴;注意;備忘録:

« ■動画で見る光の落下の曲率と光速 | トップページ | ◆エレベーターを横切る光と時間経緯 »