« ◆3体問題と時間反転 | トップページ | ◇GPS+PPSでNTPサーバを立てる »

◇俳句は8/8拍;俳句の拍パターン

 俳句のリズムの標準パターン

俳句は通常8拍をベースとした、2つのリズムパターンのどちらかで詠われます。
(8拍ですがビート的には4+4の2ビートと捉えるべき形です)

例えば芭蕉の次の2つの句はそれぞれ別のリズムパターンとなります。

 五月雨を
  あつめて速し
   最上川

 荒海や
  佐渡に横たう
   天の川

違いは中の句、7音部に現れます。8拍の内、頭に休みを置くか、最後に休みを置くかが変わります。

リズム:

中の句が4文字で切りが良い場合はtype-1になり、3文字で切りが良い場合はtype-2になります。

[type-1]
 五月雨を
  アツメテ / ハヤシ (あつめて速し)
   最上川
 夏草や
  ツワモノ / ドモガ (兵どもが)
   夢の跡
[type-2]
 荒海や
  サドニ / ヨコタウ (佐渡に横たう)
   天の川
 閑さや
  イワニ / シミイル (岩にしみ入る)
   蝉の声


これ以外に8拍に収まらない詠みのものもありますが、特殊な感じがします。

 こんなパターンは許されるか?

中の句7拍を3拍+休+4拍にするパターンは余り耳にしませんが、俳句の許容範囲を超えているのでしょうか?

 風静か
  ひらり、はらりの
   紅葉かな

この句は「ひらりはらり」ではなく「ひらり」で一旦切ることにより、まばらに散る様子を描写しています。 (という意図です。句自体は。。。う~ん。。。ま、単にリズムのサンプルということで)

リズム:

あるいは字余り扱い(8文字)になるんですかね。

 余談雑談

最後の自作の句は単にリズムサンプルなので'良い句'である必要はないし、 そもそも、言葉のセンスの無さは自覚しているので、凝るつもりはなかったのですが、 どうにもしっくりこないので色々いじりました。
結局ろくなものにはなりませんでしたが、ちょっとした助詞の選択で雰囲気が変わる面白さは分かりました。

。。。からの

 字余りとリズム感

例えば次の句

 太宰読む
  せめて栞にと
   紅葉落つ

だと、中の句の字余りが不自然な感じがします。

しかし、一茶の

 雀の子
  そこのけそこのけ
   お馬が通る

という句は字余り(587!)でありながら不自然な感じがしません。

これは先の句が区切りが3文字目に来るのに頭に一拍の休みを置けない、 一拍置いてしまうとリズムがずれることにあります。

一茶の句は中の句が4+4なのでリズム的に違和感が出ないのです。


俳句のリズムとして許されるものかどうか判断できませんが、8ビート系のリズムであれば自然な形にできます。

リズム:


。。。。  Yeah.

 変拍子

ドラムが入るならこんなこともできる(かも)

リズム:

 秋や寂し

そんなこんなはともかく、 秋の句ってどうしても寂しくなりますね。

 散る紅葉
  せめて心の
   栞にと

|

« ◆3体問題と時間反転 | トップページ | ◇GPS+PPSでNTPサーバを立てる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/72130241

この記事へのトラックバック一覧です: ◇俳句は8/8拍;俳句の拍パターン:

« ◆3体問題と時間反転 | トップページ | ◇GPS+PPSでNTPサーバを立てる »