« ◇千葉県最高峰登頂 | トップページ | ◇フレーム補間と映画 »

Raid崩壊:名前もある

 raid崩壊

そう、raidは崩壊するのだ!

raidシステムでHDDがたまたま1台壊れた時に助かったという人もいるでしょう。

しかし、HDDは無事なのにraid管理がおかしくなり、データサルベージさえままならなくなった人も多いようです。

そしてこれを「raid崩壊」と呼ぶらしい。
つまり、呼び名がつくほど一般的な事象ということだ。

以前、raid崩壊が起こり Raidは危険だ!備忘録 という記事を書きました。

その後raidと表記はあまり目にすることがなくなっていたのですが、最近目にしたのがこの「Raid崩壊」

あるメーカーのHDDの宣伝の中で、もちろんraidを賛美するのではなく、raidは酷過ぎたので、新たな仕組みを作ったというもの。
シンプルなミラーリングです。

 なぜない別筐体USB接続HDD単純ミラーリング

同じ形のUSB接続HDDを2台使ったミラーリングってできないんでしょうか?

コントローラに2台USB接続し、片方がマスターHDD、片方がスレーブHDD。
PCからはもちろん1台に見える。
HDDはマスター用に1台つないだだけでも動く。
マスターHDDが壊れたらそれを外し、スレーブをマスターにすれば動く。
もちろん先にスレーブが壊れたらそれを外せばよい。
緊急処置として1台で動かしながら、速やかにスレーブHDDを追加、新規スレーブにデータをコピーしている間もPCの作業を止める必要はない。

各HDDの内容は特殊なものではなく、コントローラーを外してPCにつないでも動く。

難しくはないように思うんだけど。。。。

 今にして思えば。。。。

「なんでこんなものが流行ったんだろう?」ってものたまにありますよね。

皆が騙された技術ということで記憶に残すべきかもしれませんね。

|

« ◇千葉県最高峰登頂 | トップページ | ◇フレーム補間と映画 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/70486448

この記事へのトラックバック一覧です: Raid崩壊:名前もある:

« ◇千葉県最高峰登頂 | トップページ | ◇フレーム補間と映画 »