« Frame崩壊:補間は難しい | トップページ | WindowsCreatorsUpdateで操作不能に »

◇バナナプラグと熱収縮チューブ

メタルボディー・バナナプラグの特徴:
 ・端子部とボディー部は絶縁されていない。
 ・挿しづらく抜けやすい。
 ・芯線に無理な力がかかる

熱収縮チューブ:
 ・75°~110°でおおよそ半分の径に収縮する。
 ・ドライヤーではだめで、ヒートエアガンなどが必要。

望ましいバナナプラグ:
 圧着式でプラスチックカバー

 バナナプラグの信じられない仕様

スピーカー端子用のバナナプラグの内、ボディーが金属製のものは、驚くべきことに、端子部とボディー部が絶縁されていません。

ということはアンプに挿した場合、巨大な裸の電線が、そのまま突き出しているのと同じことになります。

高々スピーカー駆動用の電気だとは言え、危険すぎます。

 熱収縮チューブを被せる

ヒートエアガンで熱を加えると収縮します。

「ドライヤーで熱を加える」という話もありますが、試したところ、全く収縮しませんでした。

 で

こうなりました。

 これまでバナナプラグを使う気になれなかった理由

バナナプラグはこれまで使う気になれませんでした。

理由の一つには高いというのもありますが、何より形状が馬鹿げて見えたのです。

ぱっと見た目ではいかにも挿しづらく抜けやすい形状です。
挿そうとするとバネ部分が広がって邪魔をし、抜くときは邪魔をしない。

「ろくでもないもの」と直感させられるものは、その「ろくでもなさ」以外の欠点も多く持つものです。

とは言え、まさか、胴体と端子が絶縁されていないとは考えてもみませんでした。

抜き挿しに関しては、まさに見た目通り、「挿しづらく、抜けやすい」ものでした。
壊れるんじゃないかと思うほど力を入れる必要がありました。
ネットで見ると「サイズを間違えたかと思った」など、みんなこの挿しづらさに戸惑っているようですね。

小さ目のアンプでスピーカーコードの接続がとてもやりづらかったのでトライしたのですが。。。。う~ん。。。

 バナナプラグへのケーブル接合

4~5mm程芯線部を出します。2重被覆となっているケーブルの場合1cm程外側の被覆を剥きます。

コードを中心に通し、芯線を回りに折り返します。

芯線を折るという無茶をするうえ、折った部分をゴリゴリ回転させながら押さえつけるという、最悪の方法をとっています。

バナナ端子部をネジ込みます。

こんなものより ギボシ端子 のような圧着式で、プラスチックのカバーのものがよいでしょう。

|

« Frame崩壊:補間は難しい | トップページ | WindowsCreatorsUpdateで操作不能に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/70540737

この記事へのトラックバック一覧です: ◇バナナプラグと熱収縮チューブ:

« Frame崩壊:補間は難しい | トップページ | WindowsCreatorsUpdateで操作不能に »