« ◆「遠く」の星を「見る」ことと光子は関係ない | トップページ | ◇CentOS7の設定 »

◇X-Windowの設定(Win-Linux)

WindowsからTeraTermでLinuxにアクセスし、Linux上で開発したX11プログラムの画面をWindowsに出すことを想定しています。
Linux側では環境変数DISPLAYを自動設定します。

 Windows(X11サーバ)側設定

 インストール:本体(xming)とフォント

Xming X Server for Windows から本体とフォントをダウンロード・インストールします。

2017/3/27日現在の最新版は

となっています。

XLaunchアイコンをデスクトップに置くことを勧めます。

 アクセスを許すクライアントのリスト設定

X0.hosts(C:\Proguram Files(x86)\Xming\X0.hosts)にアクセスを許すホスト名またはipアドレスを書き並べます。

例えば、

localhost
hostA
hostB
168.68.1.27
といった形となります。

Windows10ではエディタを管理者として起動する必要がある場合があります。

 起動

XLaunchを起動し、通常は

  • 「Select display settings」で[Multiple windows]
  • 「Select how to start Xming」で[Start no client]
  • 「Specify parameter settings」で[Clipboard]
を選択します。

[完了]でX11サーバが起動されます。

 Linux(X11クライアント)側設定

 Xlibのダウンロード(開発用)

Xlibのパッケージ名はCentOS7とUbuntu/RasPiで異なることに注意が必要です。

=== CentOS7 ===
$ sudo yum install libX11-devel
(Xは大文字)
=== Ubuntu/RasPi ===
$ sudo apt-get install libx11-dev
(xは小文字)

 DISPLAYを自動設定する

TeraTermでのログインで環境変数DISPLAYにサーバホスト名を自動設定します。

.bashrcに次の記述を追加します。

IFS=' '
set -- $SSH_CONNECTION
export DISPLAY=$1:0.0
IFS=' ';setは文字列を空白で分割$1,$2,$3...に設定する記述です。
$SSH_CONNECTIONには"192.168.1.2 8833 192.168.1.11 22"といった形で先頭に端末のipアドレスが入っていますので、DISPLAYには"192.168.1.2:0.0"の形が設定されます。 SSH_CONNECTIONが設定されていない場合":0.0"がDISPLAYにセットされ本体のディスプレイへの表示となります。

 確認(Windows側から)

単純な確認をします。

  1. XlaunchでXウィンドウを起動し、
  2. TeraTermでログインし、
  3. xeyesやxclockなどを起動してみる。
    $ xeyes &
    

ファイルマネージャnautilusを動かしてみます。

  1. インストールされていない場合インストールする
  2. $ sudo yum install nautilus
    または
    $ sudo apt-get install nautilus
    
  3. --no-desktopオプションを付け起動。オプションを付けないと、デスクトップ全体が表示される。
    $ sudo nautilus --no-desktop &
    

|

« ◆「遠く」の星を「見る」ことと光子は関係ない | トップページ | ◇CentOS7の設定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/70114384

この記事へのトラックバック一覧です: ◇X-Windowの設定(Win-Linux):

« ◆「遠く」の星を「見る」ことと光子は関係ない | トップページ | ◇CentOS7の設定 »