« ◇CentOS7の設定 | トップページ

◇exFATは特肥満ファイルシステムでした

メモ

 NTFS->exFATで超肥大化

HDD(2Tバイト)を新しいHDD(4Tバイト)に引っ越そうとしたところ、とんでもないサイズになりました。
元はNFTSでした。新しいHDDはexFATで初期化されていました。

NTFS->exFATコピーで

 1.20TB -> 2.19TB

と肥大化してしまいました。

中のフォルダのサイズを見てみると

 9.56GB(内容9.54GB) -> 17.8GB(内容9.54GB)

と肥大化しています。

 1B->1MB

どうやらexFATではブロックが1Mバイトになっているようです。

ファイル数が多ければ多いだけ無駄なスペースができるのでしょう。

1バイトのファイルもサイズは1Mになってしまいます。

NTFSのディスク上のサイズが0なのが不思議です。

内容が1Mまではサイズは1Mに収まります。

14.1Mだと15Mになります。

 結論

ビデオの保存用ですね。

それ以外はNTFSの方が良さそうです。

てことで、exFATは捨ててNTFSで再フォーマット!

 想像だけど

多分FATシステムの管理のまま単位を大きくしただけなんじゃないかと思っています。

単純に肥大化(enfatten)された超デブ(exFat)システムなのでしょう。

容量は食うけど速いということは考えられます。

 

邪推すると。。
MicroSoft社内はNT派と95派があり、95派が政治的に勝った(技術的には圧倒的に負けてるけど)。

|

« ◇CentOS7の設定 | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/70186138

この記事へのトラックバック一覧です: ◇exFATは特肥満ファイルシステムでした:

« ◇CentOS7の設定 | トップページ