« ◇X-Windowの設定(Win-Linux) | トップページ | ◇exFATは特肥満ファイルシステムでした »

◇CentOS7の設定

m(_ _)m 純粋にメモです。
ubuntuに関するメモが メモ:Ubuntu設定にあります。
RasPiに関するメモが RaspberryPi3導入:日本語設定,ネットワーク設定までにあります。
X-Windowに関するメモが ◇X-Windowの設定(Win-Linux)にあります

 CentOS7基本設定

メモ書きをほぼそのまま載せます。

==== インストール ====

DVD版(CD版ではパッケージ不足)
 GNOMEセット使用
 ユーザは通常ユーザ
 ネットワーク基本設定
   dhcp使用、接続->ON

==== デスクトップで ====

ネットワークアドレスの確認
$ ip -4 addr
  (ifconfigはない)
1: lo: -- 省略 --
2: enp3s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    inet 192.168.1.11/24 brd 192.168.1.255 scope global dynamic enp3s0
       valid_lft 14104sec preferred_lft 14104sec
3: virbr0: -- 省略 --

rootのパスワードを設定
 $ sudo passwd root
 (設定)
 $ su
 # <- になる

パッケージのupdata
# yum update

SSHの導入
# yum -y install openssh-server
設定が
/etc/ssh/sshd_config
にあるが、変更はしなくても動く

sambaを入れる
# yum -y install samba
# systemctl start smb nmb 
# systemctl enable smb nmb 
# firewall-cmd --add-service=samba --permanent
# firewall-cmd --reload  
特に設定をいじる必要はない

システム起動時に自動で繋がるようにする
# nmcli connection modify enp3s0 connection.autoconnect yes
(enp3s0はip -4 addrで得たもの)

日本語設定
 断念! 
 GNOME画面で「あ▼」になっているが日本語が入らない

gnome画面の解像度がおかしい場合
# X -configure
# reboot

==== Windows TeraTermで ====

sudoでのパスワードを不要とする
$ sudo visudo
-------
# %wheel        ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL
%ユーザ名  ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL
-------

intrをコントロールKにする
 $ stty intr ^k
 $ cd
 $ vi .bashrc
  次の行を追加
    stty intr ^K

DISPLAY変数を自動設定する
 $ vi .bashrc
  次の行を追加
    IFS=' '
    set -- $SSH_CONNECTION
    export DISPLAY=$1:0.0

nkfを入れる
 $ sudo yum localinstall -y http://mirror.centos.org/centos/6/os/x86_64/Packages/nkf-2.0.8b-6.2.el6.x86_64.rpm
 nkfを使った一括変換は次のように行う
 $ find -name '*.c' | xargs nkf --overwrite -w

ライブラリ関連
$ sudo yum install openssl-devel
$ sudo yum install flex bison
$ sudo yum install libX11-devel
  Xは大文字

Bonjour(avahi)は最初から入っている

ホスト名.localでアクセスできるようにする
sudo vi /etc/nsswitch.conf
----
hosts:      files mdns4_minimal dns myhostname
(hosts:行にmdns4_minimalを追加)
----
$ sudo yum install epel-release
$ sudo yum install nss-mdns
$ sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=mdns
$ sudo firewall-cmd --reload

Wireshark
$ sudo yum install wireshark

telnet
$ sudo yum install telnet

jdk
現状のjavaのバージョンを調べ、それに合致するjdkをインストールする
$ java -version
openjdk version "1.8.0_121"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)
$ sudo yum install java-1.8.0-openjdk java-1.8.0-openjdk-devel

ANT
実装されていた


CPU、メモリなどの確認
CPU確認
$ cat /proc/cpuinfo

メモリ確認
$ cat /proc/meminfo

ディスクパーティション確認
$ sudo parted -l

ディスクマウント確認
$ mount

ディスク確認
$ sudo fdisk -l

カーネルメッセージ
$ dmesg

32bit ELFを実行可能にする
$ sudo yum install libstdc++.i686
$ sudo yum install zlib.i686

 NFS

 fuse/exFATをソースからインストール

 PostgreSQL(9.6.2)をソースからインストール

 MySQL5.7パッケージをインストールする

|

« ◇X-Windowの設定(Win-Linux) | トップページ | ◇exFATは特肥満ファイルシステムでした »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/70114449

この記事へのトラックバック一覧です: ◇CentOS7の設定:

« ◇X-Windowの設定(Win-Linux) | トップページ | ◇exFATは特肥満ファイルシステムでした »