« ◆word長文雛形:メモ | トップページ | ◆光行差:「見かけの向き」ではない »

◆ルーペで拡大すると細かな作業ができるか?

 ルーペで拡大すると細かな作業ができるか?

実は、頭からかぶって作業する形のルーペは「老眼」対策だと、ずっと思っていました。

眼の焦点さえあっていれば、大きくしようが、作業の正確さには差がないと思っていたのです。


最近、久しぶりにプラモデルを作りました。
ハセガワの1/700water-lineシリーズの「ヘリコプター搭載護衛艦いずも」

恐ろしく細かく1mmに満たないような部品もあり、かなり顔を近づけての作業。
これが結構難しく、細かなものを正確な場所に、正確な向きで接着するのはなかなか大変でした。

位置合わせをしているうちに、ピンセットで挟んだ部品が飛んでしまったり、 部品が指にくっついてしまったりします。
場所はちゃんと眼で見えているのに、思ったように部品を位置づけられないのです。
「不器用なんだなあ~」。。と

なお、手前に写っているのは随分以前に作成した「イージス型護衛艦きりしま」です

 ルーペで拡大すると細かな作業ができる

最後の最後に塗料の買い忘れに気が付いて、模型や工作道具を売っているお店に行きました。

そこで双眼のルーペを見つけました。
冒頭の写真のものです。
レンズが複数セットあり付け替えられるようになっています。

購入し、装着して作業してみたところ、単に大きく見えて位置合わせがしやすいというだけでなく、 手の動きが滑らかになるのです。

拡大された空間内でも、動きはおおざっぱにはなりません。 細かな作業ができます。
手の動きの制御には目が大きく関わっていると考えられます。
多分、目で見た位置変化が大きくなる分、細かなフィードバックがかかるため、より精密な手の制御ができるのです。

細かな作業に拡大鏡を使うということの意味を納得するとともに 人間の能力の凄さに感動しました。

。。。もっと早くこのルーペを買っておけばよかった。

ちなみに、買い忘れた塗料は、甲板上に乗っている作業車(クレーン車やフォークリストなど)の黄色です。

 とは言え

デカール貼りと、エッチングパーツ付けは自信が持てずおあずけにしました。

エッチングパーツを試してみたかったというのが今回のプラモ制作の大きな動機 (細かな立体造形物の画像認識試験用) なのですが、 塗装で失敗して取り付け前にグチャグチャになってしまいました。

 ウォーターラインシリーズ。潜水艦そうりゅう


|

« ◆word長文雛形:メモ | トップページ | ◆光行差:「見かけの向き」ではない »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆ルーペで拡大すると細かな作業ができるか?:

« ◆word長文雛形:メモ | トップページ | ◆光行差:「見かけの向き」ではない »