« ◆やってはならない危険な車のデザイン | トップページ | ♪ベートーベン「英雄」2楽章Bass練習譜 »

◇原始人近頃の車に乗る

「シンプル・イズ・ベスト!」と叫びたい。
そして、「エコより安全!」
まあ、愚痴です。

 オートライト

例えば雨のワインディングや見通しの悪い林道で 車幅灯を点けたいだとか、霧が出てるのでライトを 点けようなどといったことが自動になる訳ではあり ません。

陸橋下などで無意味にライトが点いたりもします。

夕方ライトを点けたくなる感覚も合いません。 暫くオートライトモードで運転していましたが 「点けずに走る我慢ゲーム」をやってる感じなので、結局 自分で点けるように戻ってしまいました。

自分で点けるなら、オートのポジションが邪魔です。
とても中途半端で完成度の低い仕組みです。 なんとか外せればよいのですが。。。

 キーレスエントリー

これはドアを開ける自然な動作でドアが開く訳ではなく 一旦ドアノブを握ると開錠され「ピッ」と音が鳴り その後ドアを開けることができるという仕組みです。

最初の内は恐る恐る操作するので大丈夫ですが、 だんだんスムーズな操作になってくると、ある時点で ドアが開かず「ガツン」とさせてしまうことに なります。ドアを壊しそうです。

結局施錠/開錠はキーのリモコンに戻りました。
まあ、キーの存在を毎回意識することで、どこかに 忘れるといった問題を防ぐことにもなるでしょう。

この中途半端な仕組みは、 あっても害はないとは思いますが、無くて良い。

 ワンタッチターンシグナル

ウィンカーのバーを軽く押し上げ/押し下げすると、3回だけ 合図が出てとまります。

2回でいいやと、元に戻そうとすると、今度は反対側へ3回 合図がでます。ひえー!っとあわてることになります。

角度が2段階になっており、浅い角度ではこの3回合図となり、 ガチャガチャと深く押し上げ/押し下げて初めて普通の ウィンカー動作となります。

とても複雑で面倒です。車にこのような面倒な仕様を持ち込む べきではありません。

シンプルイズベスト!
安全のため、なんとかこの機能を無くしたい

 タッチパネル

エアコン関連の操作がタッチパネル式になってしまっています。

機械スイッチであれば、大よその位置さえ認識しておけば、 目で見ずとも、指で確認して、押すことができます。

タッチパネルではそうはいきません。

ちょっと触れただけで反応するわけですから、揺れている車の中で 操作するためには、じっくり目で確かめながら行う必要があります。
極めて危険です。

車の装備にタッチパネルを使用してはなりません。法律で禁止すべきレベルです。

蓋をするような形で機械スイッチにするものを後付装備メーカーが出さないかなあ。。

 LEDヘッドライト

基本的には暗くはありません。7月まで乗っていた車はHIDでした。 それに比べると若干暗いかなという程度です。この4か月程 乗っていた車はハロゲンでした。ハロゲンよりは明るい。

しかし!

光の上端にぼけがなくピシッと切れているのです。

これで走ると、何メートルか先の障害物は下の方しか見えません。 例えば先の方の脇を歩いている人は足の下の方しか見えず、 認識するのに時間がかかるのです。
極めて視認性が悪い。 暗めのハロゲンランプでもこのようなことはありませんでした。

町中でも少し暗めの道では対向車がいない限りハイビームで走るよう になりました。結構頻繁にロービームとの切り替えが必要になります。

もし、光軸調整、あるいは散乱調整ができないなら、HIDかハロゲンに置き換えたい。

エコより安全

なお、 濃い霧では全く何も見えませんでした。LEDにするならフォグランプ は必須です。

### ビックリ!

ディーラーに調整を頼みました

なんと!ディーラーのエンジニア曰く。
「ヘッドライトはHIDですよ。LEDのヘッドライトなどありません」
LEDなのです。取説と、カタログを示すと。
ディーラーのエンジニア「認識不足でした」
この会社の一押し商品のはずなのに。。。
まだまだLEDが定着しておらず中途半端なものであることは良く分かりました。

### 無事調整完了

法律で許されるギリギリの高さまで光軸を上げてもらったところ、 危険な状態ではなくなりました。

 ヒル・スタート・アシスト

坂道での発進時に、ブレーキを抜いてアクセルを踏むまでの間に 後退してしまうのを防ぐため、ブレーキ圧を1秒ほど保つように したものです。

前の車で、坂道発進時はサイドブレーキを使う癖がついていたので 特にこの機能は必要はありませんでしたが、 しばらくサイドブレーキを使わずこの機能に頼ってみました。

しかし、ずっと使っていると、 緩めの坂では戻ることもあり、不自然なのです。

ブレーキからアクセスへの切り替えをせかされるような 感じもするので、結局サイドブレーキを使うように 戻ってしまいました。
アイドリングストップなどとの関連もあり、これまで 以上にサイドブレーキを使うようになりました。

この機能が害をもたらすことは無いとは考えますが、 外せものなら外したい。

こんな中途半端な機能ではなく、「Rに入っていない限り バックしない」というものにすべきでは?

###
少し盛り上がりのある踏切で、一旦停車して動き出そうとしたとき、 強い制動がかかって、一瞬エンストしたかと思いました。
多分ヒルスタートアシストによる走行妨害ではないかと疑っています。 (オート・アイドリング・ストップの悪行かも知れません)
なんとか外したい。

###
その後、平地でも違和感を感じたのでディーラーで確認したところ 平地でもブレーキ圧の保持を行っているので、ブレーキを抜いた 直後に軽くアクセルを踏むと制動感を感じる可能性はあるとのこと。
やはりこの機能は無い方がいいと思う。

 クルーズコントロール

使ってみましたが、特にありがたみは感じませんでした。

アクセルから外した足をどこに置けばいいのか?緊急時のブレーキ操作に 影響はでないのか?

以前の記事 ■新滝山街道2013動画:。。というよりほぼGoProメモ■調布保谷線:2012~2013開通部動画 の撮影では速度を一定に保つのに神経を使いました。 この時はちょっと欲しかったかも。

でも、なくてもいい。

 エコノミーモード

これは怖い。

「加速しない」と書いてある記事などもありましたが、 試した限りではアクセルを緩めた時にギア比(CVTなのでプーリー比というべきか)がスーっとあがり 気持ち悪い加速をしてしまうのです。
大昔の出来の悪いATのような感じです。

すぐやめました。

エコより安全!

おそらく、このモードはカタログ値を得るためだけのもので、 実際に利用者に使ってもらおうとなどは考えていないんだろう と想像しています。


なお、エコノミーモードを使わない運転での燃費は次のようになりました。

走行距離給油燃費(満タン法)燃費計表示表示比
1回目581Km37.1L15.716.50.95
2回目536Km37.2L14.415.20.95

納車後、最初の給油の後2回給油しました。その時の値です。

1回目の走行では山道も走りました。山道はゴーストップが無い上、 下りはほぼフューエルカットで走れますので燃費は良くなります。
街中の走行も結構あり、リッター15.7Km。個人的には結構良い値だなあと思いました。
ちなみに、カタログ値(JC08モード)は21.8です

2回目の走行は街中が主で、渋滞にかなりはまっています。それでも、アイドリングストップ の効果か、この値です。

どちらもエアコンは使っていません。高速にも乗っていません。
最初の給油前に高速に乗りましたが、山道より燃費は良くなかったように おもいます。ちゃんと調べてみないとはっきりとは言えませんが。

燃費計が付いているのでその値も載せます。ほぼ0.5割増しの値で、 燃費計の値に0.95をかけると実燃費(満タン法)となっています。 以前乗っていたエアウェイブではもう少し実燃費に近い値では ありましたが、この0.95という値もそう悪くはない(そうそう嘘 でもない)ところだと思います。

 オート・アイドリング・ストップ

もちろん、とてもいいシステムだとは思います。

ただ、ブレーキからアクセスへの切り替えが早すぎると「ガクン!」 となったり、エンジンがかかりきる前にハンドルを動かそうとすると ロック状態だったりするので、エンジンが止まっていることを常に 意識しないと危険な感じがします。

ブレーキを弱めに踏むとエンジンは止まらず、踏み込むと止まる ようになっています。

だんだんと体が覚えてきて、停車時は、一旦踏み込まない程度の ブレーキで車を停め、停車が長くなりそうなときは、あらためて 深く踏み込みエンジンを止めるようになりました。疲れるので 左足も添えています。
ただ、止めるつもりでなくとも止めてしまうことがあるので、 エンジンを止めるブレーキの位置をもう少し深めにしてほしい と思います。

発進時は、 一旦ブレーキを車が動き出さない程度で少しだけ緩め、エンジンがかかったことを 確認して、さらにクリープ感が得られるようにブレーキを緩め、 初めてアクセスに踏みかえるようになりました。

右折時交差点内で待つときはスイッチを使ってこの機能をoffにしていましたが、 目でスイッチを探すのがいやで、DレンジからSレンジに切り替えて 待つようになりました。(Dレンジ以外ではオートアイドリングストップは 働きません)

アイドリング・ストップ・ペダルを付けて、ブレーキを踏んでいる状態で アイドリング・ストップ・ペダルを踏むとアイドリング・ストップする というのがいいような気もします。
このペダルを踏んでいてもブレーキを緩めるとエンジンは動きだします。

とはいえ、エコより安全を重視したいなあ。。

ところで、 サイドブレーキを引いて、ニュートラルにして、ブレーキを踏んでいない 状態でアイドリング・ストップしてほしいと思うのは僕だけだろうか?

###
高度計+時報機としてレーダー探知機を使っている。これが、アイドリング ストップ/エンジン再起動時に一旦切れることがある。
なんと、ナビに繋いで音楽再生中のiPodがアイドリングストップ中に 電源offになることがある。ナビからみて「iPodが接続されていません」 という状態になる。エンジンを再起動すると、しばらくして急に iPodがそれまでの演奏状態を忘れた形で立ち上がる。
まだまだ中途半端な機能なんだねえ。オート・アイドリング・ストップは。

 Aピラー

実はこれが一番の問題点。

近頃の車は衝突時の安全性のため運転の安全性を犠牲にして Aピラーをとても太くしています。

燃費を良くするため(単にデザインのためと疑っているのだが) フロントウィンドウが寝た車が増えています。 さらに悪いことにガラスが真っ平になってきているため、 ピラーも寝ます。ただでさえ太いピラーがますます 横方向に太り、視野を大きく妨害します。

以前乗っていたEUNOS500はガラスは寝ていたのですが、大きく 湾曲しており、ピラーはあまり寝ない形になっていたので、 ピラーは左程じゃまではありませんでした。
EUNOS500自体は今の衝突安全基準には適合しないかもしれませんが、 ガラスを湾曲させてピラーを立てることには問題はないはずです。

事故を減らすためにも「視野隠蔽率」を安全基準の中に入れるべきです。

 シティブレーキアクティブシステム

これはとても危険です。外した方がいい。

交差点での発進時になぜか誤動作し、強い制動がかかることが 何度かありました。

大概は本の一瞬なのですが、一度「ピピピ、ピピピ、。。。」と 警告音が止まらず、CTBAの警告表示も点き、発進不能となりました。
右折時の交差点内で、対向車をやり過ごした後、発進不能になったのです。
後ろの車は多分イライラしたことでしょう。
何秒かで動きだし、無事交差点を抜けることができました。

ダッシュボードの右下に[CTBAoff]というボタンがあるので、本来それを 押すべきだったのでしょう。

HONDAの自動ブレーキシステムはデモでも事故を起こしており、 かなり危険なものだと思います。

最近はoffにしています。ただ、エンジンをかけ直す度にoffにしないと いけないのが面倒です。

どうするか検討中です。

安全機構の研究は続けて欲しいですが、HONDAの技術は市販車に組み込める 程にはなっていない気がします。
HONDAはプライドを捨てて他社の技術を買った方が良い。

 ヒューズボックス

この車だけの問題だとは思います。

普通運転席のパネル下部にあり蓋を開けると現れる ヒューズボックスが見当たらないのです。

驚くべきことに、ダッシュボードの裏にあり、下から覗き込むとなんとか見える位置にありました。

簡単に手が届く形ではなく、「ヒューズが切れたら、蓋を開けて簡単に交換」という 訳にはいきません。

デタラメなインテリアデザインとコストカットのためにメンテナンサビリティー を切り捨てたのでしょう。ひどい!

ヒューズが切れたらダッシュボードを外すというのがこの車の基本なのでしょう。 あるいはヒューズが切れたら自分で交換しようとは思わずサービスを呼べと いうことでしょう。

インテリアパネルを傷付けずに外すためのプラスチックの工具を購入しました。(マイナスドライバーに 布を巻いてもいいのですけど)
とはいえ、、、できるか?


シガーライターソケットから電源を取ると、アイドリングストップ時に切れることが あるため、ヒューズボックスから電源をとり、 別途4連のシガーライターソケットをつなぎました。
「低背ヒューズ電源 (20Aヒューズから10Aまでの電源が取れる)」 というものを、ヒューズボックスに挿し込みました。
こんな感じになります。

一番奥の上の黄色い線が出ているのがそうです。
仰向けになり、身体をダッシュボード下に ねじ込んでの作業です。しかも、すぐ前に配管があり 手/工具が入れづらい。大変でした。

 プレミアム・ノーザンライツ・バイオレット・パール

どうでも良いことではありますが、車の色の名前ってどうして こんな長ったらしい意味不明のものになるんでしょうか?

「プレミアム・ノーザンライツ・バイオレット・パール」は 普通の言葉でいえば「あずき色」です。

この塗装がとても弱く、ドアやボンネットなどに半年で細かな 擦り傷が沢山ついてしまいました。

以前乗っていたEUNOS500は塗装が丈夫で13年乗ってもピカピカでした。

HONDAとしてはあんまり長く乗られるとお金にならないから数年で 乗り換えざるを得ないように塗装を弱くしたという感じなんでしょうかねえ。

 ###

めんどくさい車です。
運転不能ではありませんが、、、中途半端で余計な機能は、無い方がいい。
シンプルイズベストです。特に車は。

この車を捨てて、 中古のスポーツモデルでATのやつを買うしかないか? CVTはあるべき姿だと思っています。 もう少し制御法に工夫は必要ですが。

|

« ◆やってはならない危険な車のデザイン | トップページ | ♪ベートーベン「英雄」2楽章Bass練習譜 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇原始人近頃の車に乗る:

« ◆やってはならない危険な車のデザイン | トップページ | ♪ベートーベン「英雄」2楽章Bass練習譜 »