« ◆こんなスマホが欲しい | トップページ | ◆SingleWindow8.1対策:画面分割メモ »

◇上書き警告を止め移動警告を

 上書きより移動の方が危険

僕はかなり操作ミスの多い方だと自覚しています。

一番多く、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も繰り返す失敗は ファイルをどこかわからない所に保存してしまうことで、 それに関して ◇元のフォルダをデフォルトに;事故ゼロを目指して◇「フォルダよし」指さし確認の勧め に書きました。

他にも間違うのが、

  • 複数ファイルをコピーし上書きしたつもりで、うまく上書き できてないファイルがあり、システムがゴチャゴチャになる。
  • コピーしたつもりが移動になってしまって、大元のファイルが消える
の2点です。

とくに上書き失敗はWindows7やANTでは頻繁に起こしてしまいます。

ファイルコピー上書きに対しシステムであれほどガードをかける理由がさっぱり分かりません。

コピーの場合、コピー先は二次ファイルであり、壊れても元があります。
コピーして破壊されるより、コピーされない方が危険なのです。

一方、移動はかなり危険な作業であるにも関わらず、何の確認もなく実行されてしまいます。

上書きは警告は不要で、移動は絶対に警告が必要です。

 失敗するのは失敗を呼ぶ仕様が悪い

コンピュータが難しいのは仕様がひど過ぎるのです。

 なぜ今この記事を

。。。やっちゃったからです。

|

« ◆こんなスマホが欲しい | トップページ | ◆SingleWindow8.1対策:画面分割メモ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇上書き警告を止め移動警告を:

« ◆こんなスマホが欲しい | トップページ | ◆SingleWindow8.1対策:画面分割メモ »