« ◆GimpとInkspace単純作業メモ | トップページ | ◇量子もつれ通信ができないのは量子もつれが嘘だから »

◇誰がラ行をRにしたのか

 誰がラ行をRにしたか,現代日本語もRに聞こえるのか

日本語のラ行はローマ字では通常Rで表されます。

なんでLではなくRなんでしょう?

最初に日本に来た欧米人にはRに聞こえたということなんでしょうか?

江戸っ子のべらんめー語を聞いてRにしたのでしょうか?

巻き舌でない割と一般的な日本語をきいてもRに聞こえるのでしょうか?

あるいは、日本人が適当にRを当てはめてしまって、それがそのまま続いてしまったのでしょうか?
ヘボンさんなどが日本に来た時は既にRにされてしまっていて 「"L"に近いとは思うけど、まあ、正確にLでもないし、"R"でいいか」とか。


小学校のころ行った英会話教室は、アメリカ人の先生が発音をとても重視する人でした。 みんな注意されたのはRの発音がおかしいということでLはだいたい大丈夫でした。

繰り返し歌わされたのが

Row, row, row your boat,
Gently down the stream.
Merrily, merrily, merrily, merrily,
Life is but a dream.
で、難しいのはMerrilyですが、最初に注意されたのは Rowの方で、日本語の「ロウ」の発音だと「それは低いという意味だ」、「ロー」だと 「それは法律」と'L'に聞こえるようで、かなりもごもごとした感じで 「うおう」みたいな発音をする必要がありました。
StreamやDreamもなかなか難しいけど、語頭のR程うるさくはいわれません。
Lifeは殆ど問題なし。日本語のラでもなんとかなる。

 ライスとシラミ

何度か聞いたというか見たのが「日本人はシラミを食べている」というやつで、 日本人が日本語として話す「ライス」が「Lice」に聞こえるという話です。

「ライトを点ける」が「右を点ける」になるなんて聞きません。

やっぱりラリルレロは聞こえ方としてはLなんじゃないですかねえ。

もちろん、「R」を見ながら聞いたり、あるいは「R」だと思い込んで聞くと 「キュウリ美味しい効果」によって「R」に聞こえることはあるでしょうが。


雑談:シラミの歌:

シラミ、シラミ、シラミ。どれどれシラミ。そらそらシラミ。見れど見れどシラ,シラミ。
そういえば「シ」は日本人には少し難しい「ti」(ほぼティ)なんですねえ。「ラ」も日本人には難しいRの「ra」

 #2014/10/04追加 アメリカ人には'R'に聞こえるらしい

その後、アメリカ在住の友人の娘さんが
 「クラスできいてきた」ところ、ほとんどがRと答えた
との事。

「L」と答えたのは「この音はLとRの中間」という予備知識にあった人。

う~ん。。。そうなのか~。。。
英会話教室の先生が例外なのかなあ、、、いや、、シラミ。

「ラリルレロ」は弾く音で、Rは弾かないと思っていたのですが。
Rに聞こえる範囲を音響的に調べたいですね。

|

« ◆GimpとInkspace単純作業メモ | トップページ | ◇量子もつれ通信ができないのは量子もつれが嘘だから »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇誰がラ行をRにしたのか:

« ◆GimpとInkspace単純作業メモ | トップページ | ◇量子もつれ通信ができないのは量子もつれが嘘だから »