« ◆iTunesからfoobar2000サーバへ移行:メモ | トップページ | ◆非粘着エンボス加工テープで結束 »

◆VisualStudioで標準C++64bitアプリ作成:メモ

個人用備忘録です:GUIものは絵がないとさっぱりわからないので絵を並べる。

 VisualStudioで標準C++64bitコンソールプログラムを動かす。

64bitプログラムを作るには

  • 構成マネージャーでプラットフォームにx64を選ぶ
作業が必要となります。一旦win32を選択し、後でx64にすることに なります。


(0) 起動すると次のような画面が出ます。

(1) 起動後[ファイル]-[新しいプロジェクト]でプロジェクトを生成します

(2)「新しいプロジェクト」ダイアログで、

  • VisualC++
  • 「Win32 コンソールアプリケーション」
を選択し,
  • プロジェクトの名前(この例ではHello64)
  • プロジェクトを配置するフォルダ(この下にプロジェクト名のフォルダが作られる)
を設定します。
win32は後でwin64に変更できます。

(3)「Win32 アプリケーション ウィザード (プロジェクト名)」-「ようこそ」が開きます ので[次へ]をクリックします。

(4)「Win32 アプリケーション ウィザード (プロジェクト名)」-「アプリケーションの設定」 が開きます。空のプロジェクトにチェックを入れ[完了]を押します。

(5)コンソールアプリケーション用プロジェクトが作成されました。まだwin32用ですので これをwin64用に変更していく作業がこの後必要となります。

(6)[ビルド]-[構成マネージャー」を選択します

(7)「構成マネージャー」が表示されます。[プラットフォーム]で <新規作成>を選択します。

(8)「新しいプロジェクト プラットフォーム」ダイアログがでますので、 x64を選択し、[OK]を押します。

(9)「構成マネージャー」の「プラットフォーム」が「x64」に変わります。
[閉じる]で閉じます。

(10)見た目では分かりませんが、これで64bitアプリケーション用のプロジェクトに 変わりました。

(11)[プロジェクト]-[新しい項目の追加]を選択します。

(12)「新しい項目の追加」ダイアログがでますので、 C++ファイル(Cpp)を選択し、ファイル名を設定し、[追加]をクリックします。

(13)ファイルが追加され、編集画面が出ます。

(14)プログラムを直接手入力します。

(15)[デバッグ]-[デバッグ無しで開始]でビルド/実行します

(16)ビルドの確認が出ますので[はい]をクリックします。

(17)ビルド結果が出、コンソール窓が表示され、実行結果がでます。



(18)VisualStudio付属のdumpbin.exeでHello64.exeを調べるとx64であることが 分かります。

> dumpbin /headers Hello64.exe | findstr machine
            8664 machine (x64)

 注意点

*: コンソール出力プログラムは「Win32コンソールアプリケーション」 で作成しないと、VisualStudioでプログラム起動時に開くコンソールが終了時に 閉じてしまい結果をみることができません。
別途コマンドプロンプトでexeを動かすか、最後にpauseをいれた.batで exeを動かすならコンソールアプリケーションでなくても構いません。

*: 標準C++ソースは空の状態から作る必要があります。VisualStudioが 雛形を生成する形ではMicroSoftの変態C++になってしまいます。

*: 手続き11の[プロジェクト]-[新しい項目の追加]はここでやらないと [プロジェクト]メニューから消えてしまう。
今の所後から項目を追加する方法は良く分からない。VisualStudioは 殆どが隠されてしまうので、長い手続きの途中で、ちょっとでも 気を抜くと全てをやり直す必要がでる。

|

« ◆iTunesからfoobar2000サーバへ移行:メモ | トップページ | ◆非粘着エンボス加工テープで結束 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆VisualStudioで標準C++64bitアプリ作成:メモ:

« ◆iTunesからfoobar2000サーバへ移行:メモ | トップページ | ◆非粘着エンボス加工テープで結束 »