« ◇ざ行の仕組み:音声合成 | トップページ | ◆双子のパラドクスと同等性と観測系 »

◇一斉振動と量子もつれ

 一斉振動と量子もつれ

複数の粒子の量子状態が同期することは十分にありうることです。

例えば、特定の位相を持った波が中心から広がることにより、 空間に含まれる粒子が(その静止空間において)同時に 同じ状態をとることはあり得ます。

例えば1点から分離した粒子が(その静止空間において)同じリズムで動いていることはあり得ます。

一見すると、同期領域の端と端が無限の速度で情報交換をしているように 思えます。
全く違います。仮に端と端が情報を交換する関係にあったとしても、それは 途中の隣接空間を介してです。
片方の端に何か作用を施したとしてももう片方の端が直ちにその影響を 受ける訳ではないのです。

ときどき、このような一斉振動(同期振動)を「量子もつれ」とする論を 見ます。
完璧な間違いです。いえ、ウソであるというべきでしょう。

単なる一斉振動であり、距離を超越した直接的な関係、即ち量子もつれ状態、 は持っていません。
繰り返しますが、この状態にある量子群のいずれかに作用を施しても、離れた場所の 量子に直接的に影響が伝わる訳ではありません。

 量子もつれはカルト科学。。。か

「量子もつれを発見した」という話をよく読んでください。何れも、離れた場所に 直接影響を与えることを見つけた訳ではありません。

にも関わらず、これで「量子もつれ」を見つけたとし、「量子もつれ」なので 「距離を超えた遠隔作用がある」などというのです。

話が逆です。「距離を超えた同時遠隔作用を発見」->「量子もつれがある」 というのが本来の話のはずです。

もし、量子もつれを、「あくまで遠隔地にある量子の状態が決定されるだけであって、実際に なんらかの物理的効果を持つことを意味しない」と定義しなおし、量子もつれを見つけた とするなら、「距離を超えた同時遠隔作用がある」という話は捨てなければなりません。

「量子もつれ」論は、どうも、結局それが無いことが分かりながら、一旦はまって しまったため、無理やり理屈を曲げる「カルト信者状態」に陥っているとしか見えないのです。

|

« ◇ざ行の仕組み:音声合成 | トップページ | ◆双子のパラドクスと同等性と観測系 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇一斉振動と量子もつれ:

« ◇ざ行の仕組み:音声合成 | トップページ | ◆双子のパラドクスと同等性と観測系 »