« ▲「ん」「な行」「ま行」と「が」音声合成試験 | トップページ | JavascriptでTABLEのcell属性を変更する:メモ »

◆波束粒子モデルはスリットで干渉縞を作るか

 波束粒子モデル

◆粒子=波束論の怪しさ:波と粒子とで述べたように、 量子力学では非束縛状態の粒子をむりやり波動関数で解釈するため 粒子は波の束だとする事があります。

ところがこのモデル、一次元での動きしか示されることはありません。
例えば2次元でも粒子のように、そして波のように振る舞うのでしょうか?

 スリットと干渉縞

量子レベルの興味深い現象として、スリットを経緯した 粒子の到達点の統計に表れる干渉模様があります。
粒子と粒子が干渉するのではなく、時間を置いてポツリ ポツリと粒子を発したとしても、数を重ねるにつれ 干渉模様が現れます。

1個の粒子がそれ自身で干渉しているのです。

 波束はスリットで干渉縞を作るか

さて、この1個の粒子が波束であるとした場合 スリットを通ったものが干渉縞を構成するでしょうか?

それを複数の粒子分足し合わせたものが干渉縞を 構成するでしょうか?

例えば下図のように波束がスリットのある壁に向かう場合、 波束がどちらかに偏るとスリットを通る波は同等にならない ように思われます。

あるいは、どちらの場合もスリットを通り抜ける場合、 壁に対して垂直な波成分が無効になり、壁に水平な成分のみ となり、両スリットを同等に通るのでしょうか?

もし、そうだとすればその数学的根拠を見たいと思います。せめて シミュレーションくらい示されるべきです。

 そもそも

「粒子=波束話し」では1次元の図しか示されることはありません。
本当に3次元の波束(この記事の図では2次元)は構成可能なのでしょうか?

「粒子=波束話し」で用いられる単純な波の線形結合で本当に崩れない束ができるのでしょうか?
マクロ世界で見られるソリトンなどは非線形の複雑な現象です。

そもそも話をすれば ◆粒子=波束論の怪しさ:波と粒子と で論じたように、粒子を波束とすること自体に無理があります。

束縛系での単粒子と非量子化ポテンシャルの波動方程式は極めて強力に現象を説明します。
しかし、そのままこれを非束縛系に持ってくるのは無理があるように思われます。

|

« ▲「ん」「な行」「ま行」と「が」音声合成試験 | トップページ | JavascriptでTABLEのcell属性を変更する:メモ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆波束粒子モデルはスリットで干渉縞を作るか:

« ▲「ん」「な行」「ま行」と「が」音声合成試験 | トップページ | JavascriptでTABLEのcell属性を変更する:メモ »