« ◆翅脈翼と鱗粉翼:高性能航空機をめざして | トップページ | ◆管の口での音反射の原理:定常波の理由の理由 »

◆もやい結び、基本のやり方と素早いやり方

木などにロープの片側を輪っか状にして結びつける アウトドア実用結びの王者「もやい結び」のやり方です。
◆新聞、雑誌の束ね方、結び方、縛り方 の補足部に書いてあったものに 慣れてきたらの記述を追加し 単独記事にしました。

巻きモノ3題:
 ・◆新聞、雑誌の束ね方、結び方、縛り方
 ・◆もやい結び、基本のやり方と素早いやり方
 ・◆ケーブルをからまらないように巻く方法:「逆相巻」と「8の字巻」

 基本

まず、結びつけるモノ(例えば木)にグルリとロープをまわします。

長い側にひねりを入れて小さな輪を作ります。
この時モノの側のロープが上に出る形にします。

モノをまわしたロープを、輪の下側から通します。

長い側のロープの下側へ通します。

上へ折り返えします。

輪に上から通します。

ロープの両側を絞ります。

もやい結びは出来上がった輪が縮むことなく安定します。

ここでは、木に結ぶ感じで説明しましたが、もちろん単にロープの先に 安定した輪を作ることも出来ます。

なお、 作業中にロープが締まる力がかからないよう(図では白いロープが引かれないよう) 注意してくださ。仮にロープが引かれても作りかけの輪に指をはさまれないよう 注意してください。

 慣れてきたら

慣れて、ロープの空間配置がしっかりイメージできるようになったら、 最初の輪っかを作る作業と輪っかにロープを下から通す作業を一気に 行う方法がとれます。
端のロープをまず上から十字に重ね、輪を作る時に輪の中に絡めるようにします。 後はこれまで通りです。

このやり方は繰り返し練習すれば手に覚えさせることができます。(ただし 最初のやり方でのロープの重なりのイメージはしっかりと保ってください)

 ### 2008/12/31

結びの基本は小さな輪を作りそこに端を通し、端を引くことにより輪が 縮むようにすることにあります。そして、ロープとロープの交差の立体 性が重要となります。数学的興味が沸いてきますね。

 ### 2011/10/20

ついでに載せていた輪の部分の締まる結び方の記述を削除。

 ###

モ。。。

|

« ◆翅脈翼と鱗粉翼:高性能航空機をめざして | トップページ | ◆管の口での音反射の原理:定常波の理由の理由 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/34739517

この記事へのトラックバック一覧です: ◆もやい結び、基本のやり方と素早いやり方:

« ◆翅脈翼と鱗粉翼:高性能航空機をめざして | トップページ | ◆管の口での音反射の原理:定常波の理由の理由 »