« ◆調布保谷線:西東京(2010/4/24) | トップページ | ◆摩擦帯電の仕組み:拡散容積比モデル »

◇格助詞「は」と「が」の主体

 陳述構文と命題構文

格助詞「は」と「が」についてはこれまでも

で述べてきました。
「は」と「が」はどちらもある主体に対しある命題が成り立つという論理を 現しています。
  • 空は青い:「空」に対して「青い」が成り立つ
  • 空が青い:「空」に対して「青い」が成り立つ
違いは「が」を用いた構文はそれがさらに「命題」として 提示されるものとして、上位構文に組み込むことができます。
  • 今日は空が青い「今日」に対して「「空」に対して「青い」が成り立つ」が成り立つ
という形です。

 主体となりうるものの差

どのような文でも同じように主体と命題を与えることができるの でしょうか?

実はとりうる主体には若干の差があります。
命題が他動詞の場合、「が」はその目的語を主体にすることは できません。
  • 水は飲む:飲むの目的語としての水の場合でもこの文は成り立たつ
  • 水が飲む:飲むの目的語としての水の場合この文は成り立たない
これは「が」がその真偽を問うための命題を構成するため、 構文の論理構造をより限定的に行う必要があるからです。
「水が飲みたい」は命題が「飲みたい」という状態詞であり 他動詞の直接の目的語という形ではないので成り立ちます。

なお、 「は」を用いた目的語を主体とした陳述構文は可能ですが、 通常、その陳述を「命題」として引用し、動作主を主体 とする陳述として

  • 僕は「水は飲む」のだけど「お茶は飲まない」のです
といった文を構成します。「の」や「と」といった明確な 引用提示を行わなくても陳述引用であることは判断可能 なため直接「僕は水は飲むけどお茶はのまない」という表現 もできます。

 格助詞の複合

「は」は舞台格「が」や対象/舞台格「に」などと複合した 形態をとることはできますが「が」はできません。

これに関しては ◇には、では、とは:格助詞複合 で述べています。

|

« ◆調布保谷線:西東京(2010/4/24) | トップページ | ◆摩擦帯電の仕組み:拡散容積比モデル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇格助詞「は」と「が」の主体:

« ◆調布保谷線:西東京(2010/4/24) | トップページ | ◆摩擦帯電の仕組み:拡散容積比モデル »