« Windowsバッチスクリプト記述法メモ | トップページ | ◇BNFは間違っている:繰り返しを再帰で表すべきではない »

◇量子力学では観測は本質ではない:神は勝手にサイコロを振る

量子力学の回り道に「観測問題」があります。
オバカな道です。

問題は確率に関する根本的な誤解と「時間」を完璧に無視している結果の オバカ道だと思います。

 かわいそうな猫

有名な「シュレーディンガーの猫」論では、いつ"それ"が起るかを 無視して、観測した時点で[起った状態]と[起っていない状態]の どちらかが決まるとしています。
しかし、[起った状態]というのは"起ること"自体を観測している のではなく、それにより引き起こされた一連の結果を見ているの であり、観測した瞬間に[起る]/[起らない]の不定状態が収束する 訳ではないのです。

「猫」を左右するのは、あるいはその観測結果を左右するのは 時間軸に関する量子力学的確率です。
ある時点で、それが起っているかどうかは、あくまでその表れ に過ぎません。

知ろうが知るまいが、神は勝手にサイコロをふり、事は次々 に起っていくのです。
貴方が観測したことにより、この宇宙が量子力学的に確定した 訳ではありません。猫だって猫なりに観測するのです。

 観測という名で経路妨害

2つのスリットを通る粒子が、粒子はどちらか 一箇所を通るはずなのに干渉縞を示し、これをどちらを通った か観測すると干渉縞が無くなります。

この実験は、観測という名で粒子の道を妨害しているのであって、 決して「観測の結果として干渉縞がなくなった」のではなく、 同等の妨害(スリットにフィルタがかかるとか)があれば 同等に干渉縞は消えるのです。

そこに障害物がある結果に過ぎません。たまたまそれが観測 装置だったというだけです。

 いつまでも関係を絶てない粒子

観測、あるいはそれにともなう確率の収束が量子力学にとって本質的ではない事 の明らかな証拠が「量子もつれ」です。

ある粒子が分裂して↑と↓に分かれた場合、2つの粒子は、観測するまで ↑か↓か分かりません。
分裂後の粒子はどちらともつかない振る舞いをします。
片方が↑なら片方は↓なので、片方の観測ができれば、もう片方 はその瞬間にどちであるかが"ほぼ"確定します。

↑↓を+1,-1と表現し、粒子をA,B、それを観測する関数をfと するとf(A)+f(B)=0という式で表されます。
f(A)が決まればf(B)も決まるわけです。
(なお、スピンの観測は単純に↑↓となる訳ではなく複雑な統計関係を 持ちます。◆スピンと量子もつれ参照)

しかし、見逃してはならないのが、片方が観測され、もう片方が 確率的には収束したとしても、その振る舞いは全く変わらない ことです。

例え何か超光速手段(空間の穴でも何でもよい)で、確率の 収束した粒子について知識が得られたとしても、その粒子は やはり観測にかかるまではどちらともつかない振る舞いを するのです。
もちろん観測結果は「やはりそうか」というf(B)の値となります。
超光速手段があるとはもちろん思えませんが、 もしあったとしてもということです

f(A)が定まることによりf(B)が定まるとしても、f(B)が定まる ことには何の物理的意味もないのです。

その2つ粒子は分裂時に分かれたまま、量子的 関係はもう持っていないのです。過去の関係で あり現在の関係ではないのです。

くだらない勝手な数式に振り回されてはなりません。

 観測、認識は一瞬ではない。

量子力学では確率は本質です。

しかし、観測はその起った結果を知るだけなのです。

観測は量子力学の本質ではありません。

観測は"瞬間"ではありません。極めて複雑な工程を経て認識 されます。 人間が何かを認識する事自体も 複雑な統合作業を経る 時間のかかるものです。 その工程のどこで物理学的に意味を持つ 確率収束が起ったというのでしょう?

人間は観測によって神にサイコロふりを命じることなど できないのです。

 道に迷わぬように

なんでこんなオバカな道にごく一部とは言え学者が迷い込んで しまうのか理解に苦しみます。
可哀想な猫の代わりにあなたが入って観測したら?と言いたくなり ます。
"量子もつれ"はまさに観測が本質でない証拠なのに逆の方向で 考える学者がいて驚かされます。「確率は収束したよね。でも 振る舞いは変わらないよね。」と言っても聞かないんでしょうね。

もちろん、 猫が可哀想というのはこの話しの本質ではありませんよ。念のため

|

« Windowsバッチスクリプト記述法メモ | トップページ | ◇BNFは間違っている:繰り返しを再帰で表すべきではない »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇量子力学では観測は本質ではない:神は勝手にサイコロを振る:

« Windowsバッチスクリプト記述法メモ | トップページ | ◇BNFは間違っている:繰り返しを再帰で表すべきではない »