« ◆緑はそんなに緑じゃない | トップページ | ◇hello worldの世界(web):各種インストールから動作まで »

◇XXXですがYYYです。文章のくせ

自分で書く文章で、ひっかかるのが

  • なになにですが、なになにです
という言い回しの多さです。

2つの用途で使っています。

  1. 否定的文の接続
    例)本当はこの言い方は避けたいのですが、ついつい使ってしまいます。
  2. 文脈提示
    例)昨日山に行ったのですが、それはそれは良い天気で。

もちろん、文を分ける工夫はするにはするのです。

しかし、例えば文脈提示で文を分けると、本来言いたいことより 前文の方が目立ってしまうことがあったり、 否定接続の場合も、本来の文が弱くなったりします。

日本語は連続する複数文で本来論理をたたみかけるような構造 を採りますので、あえて「が」を使って文をつながなくてもよ いはずなのです。(※)

例えば次の文

随分以前の話なのですが、おそろしく目が疲れる表示装置(コンピュータ端末)がありました。
はあえて'が'でつながず
随分以前の話です。おそろしく目が疲れる表示装置(コンピュータ端末)がありました。
としても、2つの文の論理(文脈提示と特定命題)はつながっているのです。
このような性質が強いため、逆に論理つながりの弱い文を 並べる場合"まあ"という論理打ち切り語が必要になるのです。

否定文のつながりはもちろん「しかし」などで行うことができます。

本当はこの言い方は避けたいのです。しかし、ついつい使ってしまいます。

人はそれぞれ口癖があります。

文章癖もあるんでしょうね。

他の人の文でこの言い回しが気になったことはありません。
やはり余り多用すべき文ではないと思います。

#### ※
「が」という日本文の話なので「日本語は」と言っています。他の言語 に関してそうではないと言っている訳ではありません。(念のため)

#### 
この記事は、たまたまココログの不調のため、Seesaaの方に載せたもの ですが、少し修正を加えココログに移動することにしました。

|

« ◆緑はそんなに緑じゃない | トップページ | ◇hello worldの世界(web):各種インストールから動作まで »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇XXXですがYYYです。文章のくせ:

« ◆緑はそんなに緑じゃない | トップページ | ◇hello worldの世界(web):各種インストールから動作まで »