« SliverlightでhelloWorld改 | トップページ | ApacheでhelloWorld改 »

◇セミの声の移り変わり

子供の頃(場所は高知)のイメージではセミの声は

  • ジー:アブラゼミ
  • ミーンミーン(ウィーンウィーンが近いかも):ミンミンゼミ
  • ツクツクウォーシ:ツクツクボーシ
  • カナカナカナカナ:ヒグラシ
で、数(というかうるささ)も出現順もだいたいこの順でした。
まずアブラゼミが鳴き直ぐ後にミンミンゼミが鳴き始め、 ツクツクボーシが夏の真ん中を過ぎたころに鳴き出し、 秋になるとヒグラシが鳴く。

あくまで雰囲気ですが、声の強さの変遷は、グラフにするとこんな感じ。

(2009/9/15補:多分この表のアブラゼミはニイニイゼミを含んでいます)

あるいは、市街地ではアブラゼミ、ミンミンゼミだけが 鳴いている場合でも、少し田舎に行くとツクツクボーシ 鳴き始めている。もっとはずれたところまで行くと ヒグラシもかなり早くから鳴いている。といった 印象でした。

この部分はどうも勘違いっぽいのでグレーアウト(2010/10/8)

が、
東京ではアブラゼミの声を聞くことがありませんでした。
地域差だと思っていたら、東京だけということはなく、 どうやらアブラゼミはクマゼミに追いやられたのだとか。

なので最近はジーに代わって

  • ギジギジギジ:クマゼミ
の声が聞こえる。

でもってこのギジギジが夏から秋までずっと続いている。
去年は9月にはツクツクボーシが鳴いていたのに今年は 全く聞こえてきません。
ミ~ンミ~ンもギジギジに負けてしまっている気がします。

要因は温度かあるいは樹の量か、樹の種類か分かりませんが、 近所ではツクツクボーシもクマゼミに負けてしまった んでしょうかね。

この辺りは桜とイチョウとケヤキばかりが目立つので なかなか色々な種類のセミが存在できないのかななどとも 思っています。

少し植生の豊かなところに行くと多分ミンミンゼミや ツクツクボーシががんばっていると思います。

ところで、
この記事ではクマゼミを少し嫌い、ミンミンゼミやツクツクボーシ をつい応援しています。なぜそうしたくなるのかは分かりません。

### 2009/9/15

記事を出した後で知ったのですが、「セミ」は夏の季語で 「ツクツクボーシ」は秋の季語なんですね。
ツクツクボーシが目立つのは確かに8月の半ば過ぎから 秋ですね。

すると夏の季語の「セミ」はなんだ?
と考えると、アブラゼミしかいない気がしてきました。
さらに考えると、「ニイニイゼミ」っていましたよね。
ひょっとしたら記憶の中の「アブラゼミ」は「ニイニイゼミ」 を含んでいるかも知れません。多分夏の始めがニイニイゼミ でその後アブラゼミが出てくる。
てことは「ニイニイゼミ」と「アブラゼミ」が夏の季語で 「ミンミンゼミ」は。。。どっちだろう?

ちなみに、この記事のファイル名が kigoとなっているのは季語とは無関係で、頭の記号"◇"を 出そうとしてkigoを打って変換するところでミスで 多分エンターを押してしまい、保存されてしまった ものです。

### 20010/10/8

本日「タモリ倶楽部」でセミの鳴き声を取り上げていました。 武蔵野の台地にはアブラゼミは少ないけど、墨田区などは アブラゼミが多いようです。
色々勘違いしてたのかなあ。。。。
なにより今年はクマゼミの声があまり聞こえずアブラゼミの 声が聞こえました。。。う~ん。。。。

|

« SliverlightでhelloWorld改 | トップページ | ApacheでhelloWorld改 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇セミの声の移り変わり:

« SliverlightでhelloWorld改 | トップページ | ApacheでhelloWorld改 »