« ◇チンパンジーの知能は人間の3歳児説の謎 | トップページ | ◇格助詞「へ」と「に」の意味 »

■値色相イメージングでは紫は避けるべき

温度等の各種の値を色づけして表示する方法は良くとられます。
この時色の範囲として赤から紫までが採られることが多いように思われます。

しかし、紫は直感に反する色です。 青から赤方向へ値が反転したように見えます
例えば次の写真は、明るさ情報を色に変換したものですが、赤-紫に変換すると もっとも暗い部分が反転して感じられます。

輝度
輝度を赤-紫に変換
輝度を赤-青に変換
黄拡張,黒使用


値の差を細かく見せるために色の範囲を調整することは当然あるとは思いますが、 基本は赤(HLSで0°)から青(HLSで240°)までとし、紫は避けるべきです。

黄色を拡張し、緑の輝度を下げるとさらに分かりやすくなります。 人間は黄色前後の色の分解能が高いからです。また明るすぎる緑 には違和感を持つからです。


◆色相拡張による2色型色覚シミュレータ で作ったツールをモディファイして、輝度-色相変換ツールを作成し ました。
最も明るい部分(輝度1.0またはR/G/Bの255)から最も暗い部分(0) にどの色を割り当てるかを指定できます。
色はスライダーで割り当てる他HLSの色相(赤は0°、青は240°、 紫300°など)を直接書くこともできます。
オリジナルの輝度の他RのみGのみBのみの明るさを調べることも できます。

[画像URL]で幾つかのサンプル画像を表示することができます。
[黄拡張]にチェックを入れるとHLSではなく黄色拡張した色相を 用います。どの画像でもこのモードが自然で分かりやすいもの となります。


### (2009/7/13)
紫の代わりに黒を使うことにより違和感無く色領域を拡大する ことも可能です。シミュレータにもその機能を追加してみました。

### (2009/8/20)
HLSの代わりに黄色拡張を行った色マッピングを追加しました。
0°~360°を次の折れ線グラフのようににRGBに割り当てています。(これに 少しガンマ補正をかけています)

極めて単純ですがHLSなどより人間の感覚に近いと思います。少なくとも 僕の感覚には近い。

|

« ◇チンパンジーの知能は人間の3歳児説の謎 | トップページ | ◇格助詞「へ」と「に」の意味 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■値色相イメージングでは紫は避けるべき:

« ◇チンパンジーの知能は人間の3歳児説の謎 | トップページ | ◇格助詞「へ」と「に」の意味 »