« HTML文字回り込み解除 | トップページ | ◇明日来れる?ら抜きの突破口 »

Finaleでpizz/arco/オケ打楽器

楽譜作成ソフトfinale(2008)に関するメモです。
ピチカート、アルコの切り替え、トライアングルなどのオーケストラ 用打楽器の使い方に関するものです。

オーケストラ物を楽譜ソフトで作り、音を出そうとする場合、 いつも、面倒で困るのがピチカートとアルコの切り替えでした。

finale2008のHumanPlaybackには切り替えトリガーのある音源ソフト と連携して、楽譜に書かれた情報でピチカートとアルコの切り替え ができるようになっています。

ただ、色々ある設定の一箇所を間違っただけでうまく行かないなど、 ちょっとしたミスで、遠~い道になってしまいます。
ここでは実際のサンプルを載せ、説明(といっても、その内これを 忘れてしまうであろう将来の自分に対する説明ですけど)します。

さらに、オーケストラで頻繁に使われるにも関わらず、探し出すのが 異常に困難なトライアングル、スネアなどの説明もします。(大シンバル はまだ見つかっていません;どこにあり、どうすれば音を出せるんで しょうか;ワイアー入ったスネアなども見つかっていません)

 サンプル楽譜

まず、指定の入ったサンプル楽譜を載せます。(曲は単にアルコとピチカートを切り替える こと、トライアングル、スネア、大太鼓を使うというだけのために適当に 音を並べただけのど~でもいいようなものです。その内もう少しまし な曲をつくります)
楽譜上のpizz.およびarco記号が演奏に反映されます。percussionは一応オーケストラ 用のセットを使っています。

music for pizz. arco and percussion

 打楽器とピチカート、アルコのための音楽

楽譜(PDF);右クリック「ファイルに保存する」でダウンロードできます。
PizzArcoPerc.pdf

finaleデータ;右クリック「ファイルに保存する」でダウンロードできます。
PizzArcoPerc.MUS"

###
この記事は作りはしたものの、曲の出来が、「う~ん」なので、 投稿しませんでした。
が、久しぶりに使おうとして、使い方を忘れてしまったので、 やっぱり投稿しておこうと、思い直しました。

それにしても、パーカッションの難しさは尋常じゃない。スコアメーカー などでもそうだけど、まず欲しい音がない。
大きめのトライアングル、小さめのトライアングル、軽いrimショット、 ブラシワークはいったいどこにあるんだ。
誰がヘリコプターやら「いよう!」なんてのを欲しがるんだ!?

|

« HTML文字回り込み解除 | トップページ | ◇明日来れる?ら抜きの突破口 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Finaleでpizz/arco/オケ打楽器:

« HTML文字回り込み解除 | トップページ | ◇明日来れる?ら抜きの突破口 »