« ▼湿った空気は「どの位」軽いか | トップページ | ◇システムフォント見本一覧表示ツール »

◆オリオン号建造(1);2001年宇宙の旅CG再現

オリオン号建造(1):ラフ・スケッチ

映画「2001年宇宙の旅」のオリオン号をCGで作っていきます。

先ずは印象深い独特の形をしたボディーの形状を検討します。

rough sketch of orion in 2001 a space odyssey

上図はオリオン号のラフ・スケッチです。
サイズははっきりとはしていませんが、ステーション5との比較、 かなり狭い客室との比較から割り出したものです
もう少し大きいかも知れません。
翼幅60mという記述も見かけましたが、そこまでは 大きくはないはずです。

記憶にあるイメージでは甲高の靴のような形でもう少し高さが ありますが、資料やポスターの絵を見るとかなりスマート なので、このようにしました。
資料ではもう少し高さがなくスマートです。

もう少し、前方を高めにして操縦席を少し前に移動させる べきなのかも知れません。

上部の平らな所と、側面の繋がりはもう少し滑らかに すべきですが、PAN AMERICANまではほぼ垂直である はずです。

予定

使用する3DCGソフトはShade10です。
胴体は輪切り図を並べ、自由曲面を作成することにします。
PAN AMERICANおよびマーク内のPAN AMの文字を除いては左右対称で あるため、片側(左翼側)のモデルを作り反対側(右翼側)は その対称リンクとします。

現在ポスター動画で使っている版(2版)

■2001年宇宙の旅;オリオン号発進(ポスターの動画化)で 現在使用している版はほぼ冒頭のラフ・スケッチと同じイメージで 作成したものですが、左右に分けず作成したため、微調整の度に 左右に狂いがでます。

この版でかなりのレベルまでいけるとは思うのですが、さらに 細かな造作を追加するにあたって、根本から作り直すことに しました。

最初の版(1版)

最初の版は上下に潰した回転体を、機体上部用と下部用に作成 し貼り合わせることにより作成しました。 詳細は ◆ステーション5建造(10);2001年宇宙の旅にあります。
これはかなりの遠景用で「ポスターの動画化」には適さなかったため、 第2版として自由曲面の版を作成しました。(前項の版です)

|

« ▼湿った空気は「どの位」軽いか | トップページ | ◇システムフォント見本一覧表示ツール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/24588377

この記事へのトラックバック一覧です: ◆オリオン号建造(1);2001年宇宙の旅CG再現:

« ▼湿った空気は「どの位」軽いか | トップページ | ◇システムフォント見本一覧表示ツール »