« ♪パッヘルベルのカノン切り貼り演奏機 | トップページ | ◆illustratorでバネや絡んだ紐を描く »

◇眠れる迷える輝ける:現在進行連体活用

### 2015/11/22
この記事では「眠れる」「迷える」「輝ける」などを 「(非積極的)現在進行形連体活用」としましたが、 その後、「完了形連体活用」の方が適切であろうと考えを変えました。
例えば土佐弁では完了形「眠っちゅう」「迷っちゅう」「輝いちゅう」と 完了形が用いられます。
日本語の動詞の殆どが変化動詞ですので、変化の完了した状態は、完了形となります。


次の句を検証します。

  • 眠れる森の美女
  • 迷える小羊
  • 彷徨えるオランダ人
  • 輝ける日々
  • 怒れる12人の男たち
随分以前の記事 [◇ら抜き言葉のすすめ;日本語の望ましい進化][◇あり、おり、知らない;日本語の状態動詞] を書いたときに気になっていたのがこれらのフレーズです。

"~(え)る"の形式は普通「受け身」「可能」や「尊敬」に使われます。

冒頭に挙げた文はどうでしょう?

これらは「受け身」でも「可能」「尊敬」でもありません。

これらは「現在進行形連体活用」 とでもいうべきものです。
(加えて、非積極的進行のニュアンスがあります)

  • 眠る森の美女:現在形連体活用
  • 眠れる森の美女:現在進行形連体活用
  • 眠っている森の美女:助詞を用いた体言句

この"~(え)る"現在進行形連体活用は特殊で、少なくとも現代日本語的ではありません。

例えば「奥の細道」に

  • 住める方は人にゆずり..
などとあるので、古い言い方としてこの活用があったことは 分かります。

古い表現にはあるとしても、
気になるのが冒頭に挙げた文は全て明治以降の翻訳文だと いうことです。

おそらく翻訳家たちが「進行形で修飾された名詞」を翻訳する ときに、既に死語と化していた表現を復活させたのでは ないでしょうか。
つまり 「古語表現を踏まえた翻訳口調」なのです。

ここでは「活用」と書きましたが、分解すると"已然形(いぜんけい)"活用'え'+'る'です。

已然形は時制(相)を示す語を付加して、完了、進行、仮定などを構築する ための形です。 この形が現在では仮定形に進化しました。

「る」は状態を表す「り/る」の「る」です。
「り」は「われ奇襲に成功せ"り"」の"り"で完了を表します。
「る」は進行連体で、他に「し」(完了連体)なども付加することができます。

この「(え)る」進行形連体活用はどんな言葉にも適用できるでしょうか?

「走れる人」「喋れる人」「立てる人」「座れる人」「焼ける人」 。。。あまり 自然な感じはしないですよね。状況が見えないからでしょうか? 自動詞のみ可能かとも思いましたが、 「炭やける山の民」などというとそれっぽい感じはします。

「食べる」だとどうなるでしょう?
「食べられる人」?いや、もしあるとしても「食べれる人」でしょう。 "ら抜きこそ古典的正解?"

いずれにしろ、可能/受身などと形態が同じであるのは使う上で 無理があり、固定化された表現以外に用いられることはないでしょう。
そもそも、根本の已然形が消滅していますしね。(多分、江戸の頃には すでに消滅して古典的表現だったんじゃないかと思っています)

|

« ♪パッヘルベルのカノン切り貼り演奏機 | トップページ | ◆illustratorでバネや絡んだ紐を描く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/23915564

この記事へのトラックバック一覧です: ◇眠れる迷える輝ける:現在進行連体活用:

« ♪パッヘルベルのカノン切り貼り演奏機 | トップページ | ◆illustratorでバネや絡んだ紐を描く »