« ◇眠れる迷える輝ける:現在進行連体活用 | トップページ | Flash/AS3で辞書、起動引数 »

◆illustratorでバネや絡んだ紐を描く

illustratorを使っていてバネや重なり合った紐を描くことが必要 になることはしばしばあります。

illustrator SPRING & ROPE;イラストレーターでバネと紐を描く

このような一定幅を持つ紐状の線図形が交差する図は

  • アートブラシを使う
  • アピアランスで線を多重化する
ことにより描くことができます。ここではアピアランスを使う方法を説明します。

複雑に絡み合わない紐であれば、これらの手法の他、「分割・拡張」を用いる 事もできます。


 アピアランスで線を多重化する

縦長の楕円を描く。
線の幅を、内が5ピクセル外側を2ピクセル×2とすることとし、 9ピクセルを指定する。
色は外側の色(ここでは黒)とします。
[ウィンドウ]⇒[アピアランス]でアピアランスを表示させます。


アピアランスで「線」を選択しの「選択した項目を複製」をクリック(上図) すると、「線」が複製され2個になります(下図)。


新しい線の幅を5ピクセルとし、線の色を白にします。(下図)


 バネを描く

「はさみツール」で右端を切ります。

端点をつかみ、ずらします。

[オブジェクト]-[変形]-[移動]-「コピー」でコピーします。


右の結果が得られます。
(この図で若干つながりが悪いことが分かります)

新たなレイヤーを作り、コピー図形を元のレイヤーでコントールXで切り取り 、新レイヤー でコントロールFで同位置に貼り付けます。

新レイヤーをロックします。

元の図形の端点をつかみ、ずれを修正します。


右図のようになります。


下の端点を下に移動し、楕円の下半分を伸ばします。
端点を、右端点の移動距離の半分ほど右に移動します。
底の制御線、左右の制御線を延ばし、なめらかにします。

楕円を下に伸ばすのは手前と向こうの傾きの差を 表すためですが、伸ばす代わりに左右の端の 制御線の傾きをいじることでも表現は可能です。 ただし、下に伸ばす方法の方がより簡便にバランスを とることができます。


コピーを置いたレイヤーを削除します。


再び[オブジェクト]-[変形]-[移動]-[コピー]でコピーします。


コントロールDで必要分コピーしバネを延ばします。

冒頭の絵はこのバネの一番左の輪の上半分を削除し、 「自由変形の台形変形」で左側、つまり奥側をごくわずか小さくしています。(奥側 を小さくするのは、奥が広がって見える錯覚を回避するためです)

(2008/10/16)
参考までに3DCGソフトShadeで作成したバネの絵を載せます。


 絡み合った紐を描く

ここでは、赤と白の紐でかた結びをする図を描きます。
アピアランスで幅をつけた2本の紐を重ねておきます。それぞれのアピアランスを変更し、色を付けます。



上下関係が入れ替わる部分に"はさみ"を入れます。

上に来る部分を選択し、[オブジェクト]-[アレンジ]-[最前面へ]で上に もってきます。

他の箇所も前面に移動し完了です。
分断部/接続部にうっすらと線が見えますがこれは編集中のみで 最終的な出力にはでません。

複雑に紐の絡んだ図をこのやり方で描いた例を新聞、雑誌の束ね方、結び方、縛り方に置きました。

|

« ◇眠れる迷える輝ける:現在進行連体活用 | トップページ | Flash/AS3で辞書、起動引数 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/24024052

この記事へのトラックバック一覧です: ◆illustratorでバネや絡んだ紐を描く:

« ◇眠れる迷える輝ける:現在進行連体活用 | トップページ | Flash/AS3で辞書、起動引数 »