« ◆鉄腕アトムの角;単なる機械人形でない証 | トップページ | ◇"てにをは"の"て"の謎 »

◇音声情報に細やかな神経を

音声は極めて重要なインターフェースです。

音声出力を持つ機械を作る場合、決して無神経な 発言をさせてはなりません。

最近付け替えたETC車載機はエンジンをかけると

「カードを挿入してください」 ×
と音声を発します。

必ずしも毎回の運転でETCを使うわけではありません。

ETCカードを挿入するかしないかは人間が判断します。

機械はこういう発言をすべきではありません。
機械は状態を伝えれば良いのです。

「ETCカードが挿入されていません」 ○
でいいのです。(「カード」でなく「ETCカード」という点も重要です)

現在使用中のカーナビも実に不適切な発言をします。

「ここから4キロ先までは十分注意して運転してください」 ×
これはふざけきった発言です。
常に十分注意をして運転しています。
こう変えるべきです。
「ここから4キロ先までは流れが悪くなっています」 ○

この2つのとんでもない仕様は、僕以外の人でも 違和感を持つようです。

緊急時の音声は具体的な命令形で構いません。例えば失速しそうに なっている航空機での「pull up」音声は有効です。
しかしながら、この記事に上げた2件のようなものは、人間に 対して機械が命令することではありません。
「してください」は依頼の形をした慇懃な命令なのです。

言葉はとても重要です。各メーカーには細やかな 配慮を望みます。
音声を発する機械の仕様を決める場には必ず優れた言語センス を持っている人間を配置してください。

|

« ◆鉄腕アトムの角;単なる機械人形でない証 | トップページ | ◇"てにをは"の"て"の謎 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇音声情報に細やかな神経を:

« ◆鉄腕アトムの角;単なる機械人形でない証 | トップページ | ◇"てにをは"の"て"の謎 »