« ◆HDR-SR12のAVCHDファイルの結合と変換 | トップページ | ◆ヘッドフォンの耳モデルの公開を »

◇「は」と「が」の格;格助詞論/構文論

「は」と「が」は格助詞であり、どちらも主格(主題格) を表すとするのが本記事の意見です。

「は」を別扱いし、「主格」とせず、そればかりか格助詞とも しない論がありますが、どうやら、その論拠は 「は」が必ずしも動作主体を表さないことにあるようです。

次の文

僕はビールだ
僕は水割りだ
では「僕」は話題の主体ではあっても動作主体ではありませんし、 「ビール」「水割り」と同一化されるものではありません。
このため、「は」は主格を表すものではないとするのです。

しかし、主格とされる「が」でも次の文は問題なく成り立ちます。

注文は
 A君がビールで
 B君が水割りだね
名詞に膠着し、名詞に論理的意味合いを与える機能は「は」と 「が」に全く差異はないのです。

「は」と「が」が異なるのは作り上げられる文の位置づけです。

「は」によって作り上げられる文が それで文章が完結しますが、「が」によって作られる文は はその文が 一つの命題であり、その命題に関し何かを述べる形を とります。※
有名な「象は鼻が長い」は「鼻が長い」という命題が象になりたつ ことを示しています。「鼻が長い」というのは「長い」が「鼻」に 対してなりたつことを示し、そのこと自体を命題として取り上げる ことを示します。

「が」による命題提示は当然その命題が真偽の対象になるのですが、 「は」の方は陳述であり、直接の真偽の対象とはなりません。

A:「僕がやる」B:「いや僕がやる」というのは正しい文ですが、 A:「僕はやる」B:「いや僕はやる」というのが成り立たないのは 「僕はやる」という文が命題提示ではないからです。「僕はやる」 を命題として否定するには「いや、それは だめだ、僕がやる」 といった形で文全体を示す必要があります。

未整理ですが、格助詞の格を次のように考えています。

  • で:道具/舞台格
  • に:目的地格
  • を:対象格
  • は:主/主題格(陳述文を構成する)
  • が:主/主題格(命題文を構成する)
なお、「で」は「て」の間違いではありません。
参照

### ※
もちろん文は全て「は」で完結される必要はありません。
命題提示「青い」だけで文ですし、命題提示「空が青い」も文です。
陳述「今日は空が青い」ももちろん文です。

### 「が」による命題提示の応用題(どこかで聞いたような)
A:俺やだよ
B:じゃ、俺がやるよ
C:いや、俺がやるよ
D:俺がやるよ
A:えっ、えっ、えっ、じゃ、じゃ俺がやるよ
B,C,D:どうぞ

|

« ◆HDR-SR12のAVCHDファイルの結合と変換 | トップページ | ◆ヘッドフォンの耳モデルの公開を »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇「は」と「が」の格;格助詞論/構文論:

« ◆HDR-SR12のAVCHDファイルの結合と変換 | トップページ | ◆ヘッドフォンの耳モデルの公開を »