« ◇エイトマンの心;鋼鉄のレプリカント | トップページ | ◇音声情報に細やかな神経を »

◆鉄腕アトムの角;単なる機械人形でない証

子供の頃、頭を悩ませたものに「鉄腕アトムの角」があります。

立体構造が直感できないのです。

どこから見ても2本の角がきちんと重なりなく見え、2本 のバランスも常に同じ。
2本の角はどういう配置になっているのか?

実際のところ、見る角度にかかわらず「かっこよく」描かれれば いいのであって、そのためには機械的な製図法のような 手法を採る必要はありません。
誇張された表現の中で立体としての正確さをどこまで持ち込む か持ち込まないかというのは作家のセンスです。

「鉄腕アトム」にはアトム以外にも角を持つロボットがでます。 しかし、アトム以外の角は立体性を損なわない描き方をされます。
この事からもアトムの角が作家の表現だと分かります。
アトムが単なる機械ではないことを表しているのです。

子供心に思ったのが、自分はこういうセンスがないなあ、って ことです。
アトムの絵を真似ようとしたとき、どうしても角の立体配置 が気になってしかたありませんでした。

最近のアニメのロボットは立体性をストレートに表します。
最近のロボットはアトムと違いあくまで機械なのでこういう 表現なのでしょうね。

### 蛇足
映画「2001年宇宙の旅」の ディスカバリー号はどの角度からみても三日月型に照明 されています。

キューブリックから手塚治虫にオファーがあったというのは ホラ話だと思っていますが、少なくとも「アトムの角」と 同じ思想がディスカバリー号の照明に現れているといえます。

### っていうか~
本記事は当初[三日月号発進]の蛇足部に書きかけたものです。

###
「あれは"角"ではなくヘアースタイルだ。」
はい、おっしゃる通り。

###
昭和のロボット3題

|

« ◇エイトマンの心;鋼鉄のレプリカント | トップページ | ◇音声情報に細やかな神経を »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/20232281

この記事へのトラックバック一覧です: ◆鉄腕アトムの角;単なる機械人形でない証:

« ◇エイトマンの心;鋼鉄のレプリカント | トップページ | ◇音声情報に細やかな神経を »