« ♪展覧会の絵:サミュエル・ゴールドベルグ練習 | トップページ | ◇難しいです、難しいですね;形容詞+です »

◆梅の桜の

問題です。下の写真は梅の木の影と桜の木の影ですが どちらがどちらでしょう。

左のごつごつとして枝別れを激しく繰り返して いるのが梅で、右の柔らくしなるように枝を 伸ばしているのが桜です。

生物はみなそれぞれ固有の形状を持ちます。

形状形成のメカニズムは

どのようなメカニズムでその形状が作られるかは あまり述べられることがありません。

梅の姿は、枝の周りが先端も含め硬くなり、内部の成長圧力が 高まったところで破壊が起こりそこから新しい枝 が伸びているようにも見えます。
桜はもっと先端が無理なく延びているように見えます。

枝と枝がなぜ競合しないか

梅、桜に限らないのですが、 沢山の枝があちらこちらへと伸びていながら、なぜ、枝と 枝が衝突しないのでしょうか?

以前、観葉植物を置いていたとき、次のことに気がつきました。

  • 枝と枝は成長時に競合すると片方が落ちる
そこで、刺激を与えると枝が落ちるのかなと、一部の枝を 毎日手で触っていたら逆にそこが伸びてきました。

障害物があると、まずは良く伸びようとし、だめなら直ぐあきらめる。 つまり小さな衝突は常に起こっており、それを感知し、無理の ない伸び方をしているのではないか。

てなことを

遺伝子レベルから表現レベルまでのメカニズムを。
どういうとき、どういう仕組みで、どの遺伝子が発現して。。。。

梅と桜のおおよその形状形成のメカニズムくらいなら、 動物より簡単だろうと思ったけど、そうでもないかも知れませんね。

|

« ♪展覧会の絵:サミュエル・ゴールドベルグ練習 | トップページ | ◇難しいです、難しいですね;形容詞+です »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/10866268

この記事へのトラックバック一覧です: ◆梅の桜の:

« ♪展覧会の絵:サミュエル・ゴールドベルグ練習 | トップページ | ◇難しいです、難しいですね;形容詞+です »