« ◆TOD⇒MPEG2-TS変換ツール | トップページ | ◆弦楽器のギャー!の物理を »

◆エアリーズ号の構造;2001年宇宙の旅

右の図は 映画「2001年宇宙の旅」出てくる月連絡船「エアリーズ号」の 内部構造を示しています。

3つの図は向きが異なるだけで同じものです。
動いているのは人(スチュワーデス)です。

図中の「控え室」は映画では出てきません。

映画の中で、エレベータから現れたスチュワーデスは 食事のトレイを取り、180度回転し、操縦席に向かいます。

このエレベータはどこにつながっているのでしょう?

映画の流れからいうと客席なのですが、客席では 方向がつながりません。

右の図では、操縦席の"上"にスチュワーデス控え室をおきました。
スチュワーデスは控え室からエレベータで 移動し、操縦室に向かいます。

スチュワーデスが回転する場面の天井部にある通路が 客室へのエレベータ入り口となります。
操縦席の窓が中心部とずれている。客室のエレベータは 中心部にある。の2点を考えると妥当な配置です。

この説の難点は、映画で描かれていない部屋を想定することと、 映画の流れでは客室から操縦席に向かおうとしていると考えられる にもかかわらず、途中で控え室によったという映画に描かれていない ことを想定していることです。

右の図の ようなことも考えられなくもありません。
この図ではスチュワーデスは180度でなく、90度回転します。
設計はこのように行ったのですが、実際撮影してみると インパクトに欠けるため、180度回転させてみたシーンを採用した と考えるのです。

ただし、この設計では操縦席の窓が真ん中に来てしまうため 構造としても無理があります。

|

« ◆TOD⇒MPEG2-TS変換ツール | トップページ | ◆弦楽器のギャー!の物理を »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/11838421

この記事へのトラックバック一覧です: ◆エアリーズ号の構造;2001年宇宙の旅:

« ◆TOD⇒MPEG2-TS変換ツール | トップページ | ◆弦楽器のギャー!の物理を »