« ◇ネズミはチューと鳴くか | トップページ | ■2001年宇宙の旅;ステーション5のCG動画 »

◇バンボンドンの音響解析を

事件、事故があった時などのTVのインタビューで 「ドドドドドとうなるような音がして」だとか「ガシャン」 「パンパンパン」などと 音の表現が色々聞かれます。

この音の表現だけでかなりのことが伝わります。

音の表現と実際の音、および音の原因との関係は、 事故解析などで重要な証言のはずですので、 多分既に十分解析されているとは思いますが、 あんまり見たことがありません。

要素を分解して考えると、

オ、ア、イ
オ、ア、イの順で音の主要部が高くなります。
イはかなり高い音を表すため使用頻度は減ります。
例) コン、カン、キン

・ン
音の減衰を示します。
多くの音は急速に減衰しますので、・ンはかなり見られます。
例) ピ、ピン


立ち上がりが鋭く濁りが少ない音。
例) パン、ポン


鋭い立ち上がりでありながら、微妙な時間的なずれが重なり にごった音。
例えば面から出る音などです。
例)バン、ボン


高い高調波が混ざった音。
例)カン、コン


高い高調波が混ざり、かつ濁りのある音。
例) ガン、ゴン


パに比べ低音部を多く持つ
例) タン、トン


トより濁りが多くかつ強い音
例) ダン、ドン

・・シン
主となる振動の後共振によって起こる小さな音
例) ドシン、ズシン

などなど。

文化的知識などでの聞こえ方もあるでしょうが、 基本的には原音の特徴を声の音の特徴とのマッピング をとっているのだと思います。

例えば、書き物では「バン、バン、バン」と表される銃の 音は、実際に聞いた人は「パン、パン、パン」と表現します。
これは音のシンボルとしての知識で表現しているのではなく、 あくまで聞こえた音を聞こえた様に表現しているのだと 考えられます。

実際に音響的な計測を行い どのような音をどのように"日本語の音"に当てはめている かを調べることはできるはずです。
理由も調べられるはずです。
最初のオ、ア、イの低中高はフォルマント(formant)との対応でしょう。

必ず"計測"ベースで"音の類似"を論じてもらいたいと思っています。

音源の形状/性質と音の関連なども興味が沸きます。

### ジャジャジャジャーン
楽器音の表現なども単に文化的知識ではないでしょう。
例えば管楽器の音は「パー」と表現することはあっても弦楽器 の音を「パー」ということはないでしょう。「ジャー」か あるいは「ヤー」などではないでしょうか?
これも計測で類似を調べられるはずです。

ベートーベンの交響曲5番「運命」の出だしを「ジャジャジャジャーン」 と表現するのは弦の音だからでしょう。(クラリネットも混じってますが 聞こえません)
オーケストラの人間は「タタタターン」と表現したがりますが、 これはリズムを注視した表現で「ジャジャジャジャーン」は 音色まで表すものです。

|

« ◇ネズミはチューと鳴くか | トップページ | ■2001年宇宙の旅;ステーション5のCG動画 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/10512402

この記事へのトラックバック一覧です: ◇バンボンドンの音響解析を:

« ◇ネズミはチューと鳴くか | トップページ | ■2001年宇宙の旅;ステーション5のCG動画 »