« ◆2001年宇宙の旅に学ぶCG照明法(2) | トップページ | ◇shoot the ガラス;Die Hardの聞き取り »

◇古代の巨大トンボは飛べなかった

。。と主張しているわけではありません。

色々な証拠が出てきたため最近は聞かれなくなりましたが、 昔良く出ていた意見に

  • ティラノザウルスは陸上を歩けない
というのが有りました。
内容をよく読むと、どうも現生生物、それも爬虫類、の単純延長で 体重、骨の強度、エネルギー効率などを計算した結果のようです。

その後出てきた証拠

  • 陸上を歩いた、あるいは走った跡がある
  • 骨は鳥類のように軽く、強い
  • 呼吸法も鳥類に近く高効率である
などで、やっとティラノザウルスも"陸上を歩けるようになりました"。

「ブロントザウルス(懐かしいなあ)」などのカミナリ竜類も陸上では胴の形を保つことさえ できず、水につかって生活していることにされてましたが、 最近は"ちゃんと歩ける"ようです。

恐竜が歩くことには何の物理学的/生物学的違和感は 持たなかったのですが、どうにも違和感がぬぐえなかった のが、

  • 古生代の巨大トンボ
です。
とてもあの大きさでは飛べそうには見えない。

謎は

  • 「古生代の巨大トンボは飛べない」という意見を殆ど聞かない
ことです。
恐竜は歩けない、翼竜は枝から枝に飛び移るだけ、 等々の意見が 出ていたにも関わらずです。
全く興味が沸かなかっただけかも知れません。
まあ、泳いでいたというのも無理があるし、 あの翅を付けたまま歩いていたのも無理がある から飛んでだろうなという事でしょうか。

あのフィルムのような翅で巨大な体を本当に 浮かせられたのでしょうか?

空中を漂うような飛び方をする模型グライダーなど もありますが、風のない室内でしかまず飛行は無理です。

滑空に適した翅だとも思えません。

現生昆虫の呼吸法だと、あの大きさでは酸素が行き渡らない のではとも思えます。
古生代は酸素濃度がとても高かったんでしたっけ?

と、いう事で、

  • 現生トンボの延長で古代の巨大トンボは飛べるか?
という興味です。
  • なんらかのカラクリ
があったのではないかということです。

### 
単純知識の単純延長では

  • 象は自重を支えられない
  • キリンは血圧が高くなりすぎて動けない
  • イルカは小さい獲物を捕らえることができない
  • メタセコイアは水を吸い上げられない
  • 免疫は有り得ない
  • ジャンボジェットは飛ばない

###
ついでに興味があるのが現生昆虫(みんな小さいですよね) はどの位の大きさまでなら機能できるかです。
さすがにモスラは無理ですが、羽を開いた幅で30cm程度の 蛾(蝶)は可能なような。。。。

###
羽、翅、翼。羽根。
なぜ僕は「トンボの翅」、「(蝶の)羽」と書いてしまったか。。。。

###
アパトサウルスに統一するよりブロントザウルス にしてもらいたかったなあ。
言葉、特に名前は定着したものを"正式"とするのが正しい。
「これまでアパトザウルスと呼ばれていた骨がブロントザウルスの 完全体であることが判明した」でいいんじゃないですかねえ。
「アパトサウルス」はどうも意味の無いこだわりにしか見えない。(と 言う意見はノスタルジーに過ぎないと言われればその通りなんですけど)
「ブロントザウルス」は「火焔土器」より罪が少ないと思います。
それと、「ブロントザウルス」が急速に消されていった経緯なども 興味があります。誰か「ブロントザウルスはどこに行った」って本書きませんか?

### 参考
昆虫力学3題

|

« ◆2001年宇宙の旅に学ぶCG照明法(2) | トップページ | ◇shoot the ガラス;Die Hardの聞き取り »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇古代の巨大トンボは飛べなかった:

« ◆2001年宇宙の旅に学ぶCG照明法(2) | トップページ | ◇shoot the ガラス;Die Hardの聞き取り »