« ◆複数のPS3で分散レンダリングを | トップページ | ◆合理的ポジション名を;Bass教則 »

◆黄色の不思議、緑の謎

人間の目は赤、緑、青の光を検出する受光細胞を持っています。
色はこれらの受光が感じる値を総合して判断されます。そのため 光の3原色の現象が起こります。

さて、この光の3原色ですが、色の感じ方とは微妙に差があります。

黄色に赤や緑を感じるか

黄色は光の3原色には含まれず、赤と緑の合成となります。

でも、黄色に赤や緑を感じるでしょうか?
どちらかというと緑に黄色や青を感じるのではないでしょうか?

黄色の独立色感は、 絵の具の3原色の知識のためだという意見もあるかも知れませんが、 そうではないと思います。

黄色の感覚細胞経由で見ているのではないか

人間の目は赤、緑、青の受光細胞の直ぐ後に、赤、黄、青の 感覚細胞があって、実際の感覚はこの赤、黄、青の細胞の 反応がベースになっているなどということはないのでしょうか?

一番の表層では緑を独立して受け取るのですが、直接認識 にかかることはなく、赤と混ぜられ黄色感覚細胞に渡され、 かつ青と混ぜられ青感覚細胞に渡るため、緑は純色として 認識しづらくなっているということはないでしょうか?

なお、赤と緑の混合は単純ではなく、緑の値以下しか赤の値を 通さない形です。

単純色相とマンセルの色相

単純な色相図は人間の感覚とはずれているように思えます。

昔、自分の色感覚が他人とは全く異なっているのではないかと 非常に心配になったことがありました。
それは、緑と青は近い色で、赤はかけ離れた色と感じるにも 関わらず、単純色相では同じ距離で表されていたからです。
マンセルの色相を見て少しだけ安心しました。
マンセルの色相では「赤黄緑青紫赤。。。」となり、緑と青 は近い色とされています。

このマンセル色相ですが、 なぜ、どのような仕組みで、このように感じるかということは、 調べられているのでしょうか? ぜひ、生物学的仕組みを調べて一般書に書いてもらいたいと思 っています。

赤黄青ベースで色相を作るとどうなるか

マンセルの色相は単純色相よりマシではあるのですが、 僕は緑に青と黄色を感じ、紫に赤と青を感じるので 少しずれています。

赤、黄、青を120度の間隔で置いた色相を作ろうと思えば 作れるはずです。

人間の感覚に大分近いものになると思うのです。少なくとも 僕の感覚には近いはず。自信は無い。

###
色温度の差の吸収はこの仕組みの中の黄色への赤の取り込み 量で行ってるような気がするのですが、どうでしょうか。
ビデオカメラの色合いの調整が人間のようには行かない理由 はこの辺りの考え方が違うからではないかと"想像しています"。

|

« ◆複数のPS3で分散レンダリングを | トップページ | ◆合理的ポジション名を;Bass教則 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆黄色の不思議、緑の謎:

« ◆複数のPS3で分散レンダリングを | トップページ | ◆合理的ポジション名を;Bass教則 »