« ◆雷は尖った先端に落ちるか | トップページ | ♪走らない演奏の練習 »

◆ステーション5建造(9);2001年宇宙の旅CG再現

space-station-5建造(9):スポーク受け部作成

映画「2001年宇宙の旅」の"宇宙ステーション5"をCGで作っていきます。

ここでは、スポーク受け部の細かな造作を作ります。

constructing space station-5(9); 2001: a space odyssey
(1)リング
(2)糸巻き
(3)スポーク
(4)ドック
(5)骨材
(6)バランス
(7)動画
(8)底面
(9)連結部
(10)orion
終了

軸とスポークの接続部の細かな作りこみを行います。
パーツ構成としては1本のスポークに付属するものとします。
他の3本はそのリンクですので、作りこみはそれらにも反映されます。
スポークとスポークの間にある帯状に分布するこまかな構造も スポークに付属する形で作成します。

先ずは、ケーブルのアンカーを作成します。
ケーブル先端部に閉じた図形の回転体を作りそのリンクを作成します。

スポークの押さえ部を作成します。円盤(円の掃引体)をおき その上に閉じた図形の掃引体で一つの梁を作り、それをリンク 回転コピーで円形に配置します。
図では操作ミスで円盤がゆがんでしまいました。後で修正 します。

スポークとスポークの間の細かな構造は、小さな台形を適当に 埋め込んで作成します。
台形はその場で作ると混乱しますので、別shdとして作成します。 左が作成した台形のセットです。台形の根元に長い箱を付け てあります。 これを適当にコピーして軸に 埋め込み右図となります。

埋め込みはスポークとスポークの間の半分のみを作ってあります。
そのリンクをスポークの反対側においています。
オブジェクトはスポークに属す形としたため、8本のスポーク 全てに構造が付加されます。上右の図の細かな構造の 右半分が作成物で左半分はそのリンクで隣のスポーク オブジェクトに属しています。

リングの外側と内側に別々のマッピングを施すため、2つに分断します。
分断は、リングの複製を同位置にとり、一つは内側、もう一つは外側の データを削除する方法をとりました。
次のテキスチャをリングの内と外に、バンプを内側に適用しました。

リング上にスポーク接続部を作成しました。
四角の掃引体を作成し、自由曲面に変換、各頂点を少し移動し、 長い台形にします。閉じた図形の回転体を作成。軸部にある ケーブルアンカーをコピーします。上下にある薄い板は閉じた 図形の掃引体です。

|

« ◆雷は尖った先端に落ちるか | トップページ | ♪走らない演奏の練習 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/10185107

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ステーション5建造(9);2001年宇宙の旅CG再現:

« ◆雷は尖った先端に落ちるか | トップページ | ♪走らない演奏の練習 »