« ◆ステーション5建造(4);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(6);2001年宇宙の旅CG再現 »

◆ステーション5建造(5);2001年宇宙の旅CG再現

space-station-5建造(5):骨材部の作成

映画「2001年宇宙の旅」の"宇宙ステーション5"をCGで作っていきます。

ここでは、骨材がむき出しになっている部分を作成します。

constructing space station-5(5); 2001: a space odyssey

(1)リング
(2)糸巻き
(3)スポーク
(4)ドック
(5)骨材
(6)バランス
(7)動画
(8)底面
(9)連結部
(10)orion
終了

完成形のリング(上図では手前側)をリングA、建設中のリングをリングBと呼ぶことにします。
現状(4)ではリングBはリングAを参照する形になっています。
リング内の空白部は元ネタであるリングAに仕込み、骨材はリングBの位置におきます。
リングBの窓は光っていませんので、最終的にはリングBはリングAの参照(リンク)では なくコピーをとり、窓の明かりを消す形にする予定(今回は参照のまま)

リングを切り取る

閉じた図形の掃引体を作り、ブーリアン演算でリング部を切り取ります。
掃引体はリンク・回転コピーで円周にそった4個のセットにします。

掃引体は後で多面体に置き換え、切り口を複雑化します。

リング内に空間を作る

これは一時的な誤魔化しです。最終的には組み立て途中の 内部構造を置かなければなりません。

鉄骨の基本を作る

角に当たる部分にL字形に閉じた線形を置き、この円形掃引体 を作ります。

鉄骨の梁を作る

作業前に次の修正をします。

  • 鉄骨の幅が少し狭いので広げます。
  • 鉄骨の色が極端なので少し淡い色に変更します。
  • リングの形状が少し違うようなので、それも修正します。ただし、 幅を広げるとバランスが崩れるので適当に。
複数の長方形で梁の形を作り、それを掃引して一つの区画の梁を作ります。
それをリンク・回転コピーで円周に並べます。 同1にリンクを作り、そのリンクを12度回転し、rpeatを31で実行します。

切り取り部の調整

リングBの切り取り部を少し大きくし、右の形となりました。
これに星と地球を合成すると冒頭の絵になります。

梁はもう少し小さく、数が多いようです。
リング部の直径方向の幅がやはり伸びすぎたようなので調整が 必要です。
リングとリングの間隔も少し空けた方がよいかもしれません。

|

« ◆ステーション5建造(4);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(6);2001年宇宙の旅CG再現 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/9707186

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ステーション5建造(5);2001年宇宙の旅CG再現:

« ◆ステーション5建造(4);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(6);2001年宇宙の旅CG再現 »