« ◇オチャ漬けの日々はオチャ中への道か | トップページ | ◆ビデオ撮影の回転ブレ抑止 »

◆ダイナミック!;2001年宇宙の旅の宇宙ステーション

最初に映画「2001年宇宙の旅」を見たときは、 宇宙ステーション5のそれまで見たことの無いような ダイナミックな動きに圧倒されました。

    当時の普通のSF映画での動き

Youtube  https://youtu.be/HRC2u85KOQ4 で見ることもできます


    2001年宇宙の旅での動き

Youtube  https://youtu.be/AEo9ZzT5Hos で見ることもできます


当時の常識を打ち破る「2001年宇宙の旅」での動き

当時のSF映画に出てくる宇宙ステーションといえば 画面上の固定点でクルクル回っているだけでした。

動いたとしても、右から左に流れるといった単純な動きでした。

ところが「2001年宇宙の旅」ではまるでアクロバットの ような華麗な動きをするのです。

  • 遠くにあるステーションが、徐々に近づき、最後は 殆どぶつかりそうにまでなる(シーン1)
  • 横から巨大なあおり姿を現し、そのまま遠くへ行く(シーン3)
  • 構造の隙間を縫うように画面が進む(シーン5)
しかも、いずれも滑らかでかつ不思議な曲線運動なのです。※

宇宙ステーションに限らず、通常移動は横方向であり、 奥から手前、手前から奥と、距離がこのように大きく変わる画面 は殆どありません。
メカ・フィルムの傑作「サンダーバード」でも、サンダーバード が画面奥から手前の方にこれほどダイナミックに突き進んでくる といったシーンはありません。

現在に至るも

「2001年宇宙の旅」の後、はるか時代を経た「スター・ウォーズ」まで このようなダイナミックな映像は作られませんでした。

今ではCGで容易に作れる動きですが、実際には戦闘シーンなどで 小型艇を追うような形で用いられても、動きの主体が無いまま 視線だけがこのような大胆な動きを採ることはありません。
今でも、このシーンの動きは極めて大胆であると言えるのです。

ステーションと宇宙船のダイナミックな構図

「当時の。。」方は宇宙ステーションだけでは余りに単調すぎ なので、"当時のロケット"を追加しました。ロケットのサイズ が大きいのはステーションの近くを飛ばしても小さくなり すぎないようにしたものです。
「2001年宇宙の旅」でもシャトル、オリオン号と 宇宙ステーションが一つの画面に収まります。 オリオン号の登場シーンは 遠くの宇宙ステーションと近くのオリオン号という形 で画面を構成しています。これにより、かなり小さな オリオン号ですが、きちんと描写できるのです。
これも当時は見ることのなかった大胆な構図です。

### ※
滑らかな弧を描くような動きは実はカメラの直線移動と、背景の 直線移動の組み合わせにより得られています。

### ※※
CGでは正確に映画をトレースしようとしている訳ではありませんが、 感じは掴めると思います。

###
「当時の。。」の宇宙ステーションはステーション5の建築中の 部分を完成形に変えて、リングの外側にオレンジのラインを いれたものです。
ゴジラに襟巻きを付けてジラースにしたようなものです。(また、 訳の分からない例えを。。。)

### 2008/2/1 ロケットの炎合成
「当時の。。」のロケットにロケット噴射の炎を追加しました。
炎は透明な水色の炎の形を2重にし、中の形を発光させ、さらに その中に黄色い点光源を仕込みました。
炎のゆれは[拡大縮小ジョイント]に炎を入れ作っています。
透明な炎部はアルファチャネルが"透明"で、Premiereでは 消えてしまい、表示させる方法が不明だったため、 AfterEfects-6で合成を行いました。
背景は固定なのでShadeで直接出すことは可能ですが、 微調整がしづらいのと、改めてShadeで出しなおすのは 時間がかかりすぎるので合成としました。
"CG画像"のスーパーを他の動画と同じ形に入れる方法 がAfterEfectsでは分からなかったので、AfterEfectsの 出力にさらにPremiereでスーパーをかぶせました。

(2008/11/12追記:ロケットの噴射ガスをパーティクル・フィジクスで 作成した動画を ■2001年宇宙の旅;オリオン号発進(ポスターの動画化)に載せました)

(2018/3/14)
ビデオをFlashからYouTubeに変更しました。
映画のビデオは2つに分けていたものを一つにしました。
YouTube再生ではstartとendを指定できるのですが、繰り返すと先頭から最後までになってしまいます。このバグの避け方が分からないので、旧版では途中を省いて2つのビデオにしていたものを全体を通しての再生としました。
範囲付きで繰り返し再生という当たり前のことがYouTubeで可能となったら、2つに分けようと考えています。

|

« ◇オチャ漬けの日々はオチャ中への道か | トップページ | ◆ビデオ撮影の回転ブレ抑止 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/10124839

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ダイナミック!;2001年宇宙の旅の宇宙ステーション:

« ◇オチャ漬けの日々はオチャ中への道か | トップページ | ◆ビデオ撮影の回転ブレ抑止 »