« ◆2001年宇宙の旅;ステレオ!ディスカバリー号 | トップページ | ◆ステーション5建造(2);2001年宇宙の旅CG再現 »

◆ステーション5建造(1);2001年宇宙の旅CG再現

space-station-5建造(1):リング部建造

映画「2001年宇宙の旅」の"宇宙ステーション5"をCGで作っていきます。

先ずは窓明かりの散りばめられたリング部を作成します。

constructing space station-5; 2001: a space odyssey

建造は以下のように進みます。

(1)リング
(2)糸巻き
(3)スポーク
(4)ドック
(5)骨材
(6)バランス
(7)動画
(8)底面
(9)連結部
(10)orion
終了

使用ソフトはShade-9 standardです。

ステーション5の難しさ

ディスカバリー号は、照明が完全に白とびする部分と陰の部分となるように 設計されているため、細かな作りこみをせずとも割とリアルに表現できました。

ところがステーション5は光の当たる面が大きいため 最終的にかなり表面の作りこみが必要となりそうです。

また、基本構造が複雑である上、「建築途中の骨材部」や「沢山ある窓の明かり」 をどう作るかなども大変そうです。

輪の基本の作成

先ずは、輪の部分の基本を作成します。
輪の直径は300ヤード、居住部の高さは30ヤードとします。(40ヤードと書いてある 説明書もありましたが、ちょっと見は1/10程度なので30としました)

輪は居住区の閉じた図形を回転掃引で作成します。
窓は溝に板をはめ、効果設定の発光をもちいます。
正面図150ヤード地点に長方形を作成し、コントロールポイントの作成、その移動、 アンスムーズにより次のような形にします。

これを原点を中心とした「回転体」で回転体にします。


照明とレンダリング

標準の照明では、下図左のようにしかなりませんので、下図右のような照明 を施します。

太陽光は、ほんの少しだけ青みをつけています。
補助光(地球の光)は太陽光より青みを強めています。
レンダリングすると次のようになります。


窓の作成

窓は溝に両面に出る形の板をはめ、これを発光させます。

これを溝方向に4個セット、2個セットにし、それらを回転コピーで適当な間隔で円形に並べます。

窓も含めたレンダリング

レンダリングすると次のようになります。

星、地球を合成すると冒頭の絵となります。
星は「ステラナビゲーター」で作成しました。
地球はAdobe Stock Photosの無料の小型画像です。
星と地球の合成はPhotoshopで行っています。
CGと背景の合成はShadeの合成機能を使用しました。

### 更新(2008/4/30)
動画の記事へのリンク記述を少し変更

### 更新(2008/5/1)
ナビゲーションの説明追加

|

« ◆2001年宇宙の旅;ステレオ!ディスカバリー号 | トップページ | ◆ステーション5建造(2);2001年宇宙の旅CG再現 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/9593503

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ステーション5建造(1);2001年宇宙の旅CG再現:

« ◆2001年宇宙の旅;ステレオ!ディスカバリー号 | トップページ | ◆ステーション5建造(2);2001年宇宙の旅CG再現 »