« ◆ステーション5建造(1);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(3);2001年宇宙の旅CG再現 »

◆ステーション5建造(2);2001年宇宙の旅CG再現

space-station-5建造(2):中心の糸巻き形の軸作成

映画「2001年宇宙の旅」の"宇宙ステーション5"をCGで作っていきます。

ここでは、中心にある糸巻きの形をした軸の基本形を作成します。

constructing space station-5(2); 2001: a space odyssey
(1)リング
(2)糸巻き
(3)スポーク
(4)ドック
(5)骨材
(6)バランス
(7)動画
(8)底面
(9)連結部
(10)orion
終了

さしあたって、第2リングは第1リングのコピーを置きます。スポーク部 はまだ有りません。

第一段階:円筒
まずは、単純な円筒を作ります。

円筒は開いた線形を回転させてつくります。
サイズは次のようにしました。

  • 半径:25ヤード
  • 輪の部分と重なる高さ:100ヤード
  • 輪から突出する高さ:5ヤード
位置合わせのため、輪の底辺を0の位置にして作成しました。

この開いた線形を回転させ、レンダリングすると右の図のようになります。

補助作業:カメラと光源のパート化

ここまでは、標準の「メタカメラ」を使用してきましたが、 対象物との関連の把握、光源との関連の維持が難しいため、画面上で直接位置の 変更が可能なカメラを導入します。
メタカメラの代わりに新規にカメラを置き、光源といっしょのパートとします。
カメラと光源は基本的にセットとすべきものです。

この設定で右のような絵となります。

糸巻き部形状の調整

糸巻き部の形状調整のために、リング部をリンクコピーし、2重にします。
この段階で糸巻き部が短すぎる(2つの輪がもっと離れている)ように見えましたので 長さを25ヤード伸ばしました。

レンダリングすると右の図のようになります。
ここでふと思ったのが、ひょっとしてステーション5が建造途中で 片方の輪が骨材のままなのは、軸に落ちる強い輪の陰を嫌ったのでは ないかということです。
軸部の糸巻のようにくびれた形状も、そこに落ちる輪の陰を隠したい ためだったのではないかと思われます。
右では強い陰がありますが、これが見えない形できるか。。。

modyfyのコントロールポイントの追加、移動、アンスムースで右のような形にします。

照明を少し調整してレンダリングすると右のような絵になります。
カメラも少し遠くし、ズームして撮る形になっています。
星と地球を合成して冒頭の絵になります。

|

« ◆ステーション5建造(1);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(3);2001年宇宙の旅CG再現 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/9611003

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ステーション5建造(2);2001年宇宙の旅CG再現:

« ◆ステーション5建造(1);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(3);2001年宇宙の旅CG再現 »