« ◆ステーション5建造(2);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(4);2001年宇宙の旅CG再現 »

◆ステーション5建造(3);2001年宇宙の旅CG再現

space-station-5建造(3):スポーク部の作成

映画「2001年宇宙の旅」の"宇宙ステーション5"をCGで作っていきます。

ここでは、ステーションの周りの輪の部分と芯の部分をつなぐスポークを 作ります。

constructing space station-5(3); 2001: a space odyssey

(1)リング
(2)糸巻き
(3)スポーク
(4)ドック
(5)骨材
(6)バランス
(7)動画
(8)底面
(9)連結部
(10)orion
終了

ユニットを並べることにより繰り返し構造の棒を作る

スポークは同じ構造の繰り返しとなっているので、この構造1個を 基本ユニットとして作成し、そのリンクをならべて、スポークを 作成します。さらに、そのスポークのリンクを並べて合計8本の スポークを生成します。

ユニットの長さは20ヤードとします。
中央にふくらみを持つ閉じた線形の回転体として作成します。
パートとして、"スポーク部"--"スポーク"--"基本ユニット"を 作成し、その中に回転体を起きます。

スポークは全てこの基本ユニットのリンクですので、基本ユニット を修正すれば全体がまとめて修正されます。


基本ユニットのリンクで一本のスポークを作成します。
さらに、 スポークのリンクで4本のスポークからなるスポーク部を作成します。




スポーク部のリンクで、第2リングのスポーク部を作成します。
レンダリングすると右の絵になります。


スポークユニットの細かな作りこみ

次にスポークの基本ユニットの作りこみを行います。
スポークは基本の円柱の横に、板が走り、その先に小さな ケーブルが1本、さらに小さな柱を介してケーブルが2本 平行に走っています。

先ずは、この横の板の支柱を、回転体で作ります。
後は、その支柱の上に適当に四角や円の掃引体を置いていきます。


細かな作りは良く分からないので、かなり適当に作成しました。
そのリンクをとり、回転移動で反対側にも同じ構造を作ります。


レンダリングすると右のようになります。
照明が若干変わりましたが、これはこのスポーク作成とは無関係 です。補助光によるリングの陰がもう一方のリングに出るのを 嫌って調整中のものです。
これに星、地球を合成すると、冒頭の絵になります。

|

« ◆ステーション5建造(2);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(4);2001年宇宙の旅CG再現 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/9615052

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ステーション5建造(3);2001年宇宙の旅CG再現:

« ◆ステーション5建造(2);2001年宇宙の旅CG再現 | トップページ | ◆ステーション5建造(4);2001年宇宙の旅CG再現 »