« ◆2001年宇宙の旅-シネラマ版編集の違い | トップページ | ◇マウスのリリースポイントの確定;基本UI考 »

◆押した点をクリック点に;基本UI考

2008/11/12:追記
そもそもクリックという考え方自体をやめるべきだ という記事を
◇クリック廃止論に置きました。

いろいろなボタンをつぎつぎ押す必要のあるプログラム、 例えば楽譜作成プログラムでの音符選択などでは、 押したはずのボタンが有効にならないことがあります。
慣れていないうちは大丈夫なのですが、慣れるにしたがい、 操作のスピードが上がると、ボタンが うまく有効にならないことが多くなります。

これはプログラムが

  • どのボタンが押されたかを
    • どこでマウスボタンが押されたかでなく
    • どこでマウスボタンが離されたか
で判断することが原因です。
操作の速度が上がるにつれ、ボタンを押すときに、「止めて押し」 「離して動かす」というのが難しくなるので、離す位置が押す位置 とずれて来ます。このずれた点が押した点と解釈されるのです。

この失敗は誰でも時々起こしているようですが、大概は 「不器用な自分が悪い」と考えるようです。
違います。悪いのはあなたではありません。悪いのは プログラムの仕様です。

離した点を「押した点(選択点)」と解釈するメリットは皆無です。
例えば、「押し間違えた時に、マウスボタンを押したまま、他の地点に 移動し無効とする」などが出来ることなどに利点はありません。

ボタンは

  • 離した点を「押した点(選択点)」とせず
  • 押した点を「押した点(選択点)」とする

という、当然の仕様を全てのプログラムは採用すべきです。

### (補足) 
なお、クリックとドラッグはマウスボタンを離すことで 判断するのでこの仕様だという考えは間違っています。
ドラッグの場合も対象の確定はマウスボタンを押した点で 行われます。

### 余談
この改修はアプリケーションに手を入れずにできるのでは ないかと考えています。
Windows向けのお便利ソフトを出している会社の皆さん、ぜひ、 ドライバとアプリケーションの間に入り「押した点を押した点 にする」'当たり前で画期的な'ソフトを出してください。

### 蛇足
離した点が押した点と解釈されることは大概のプログラムで 確認できますが、例を一つ挙げます。
Windowsのアプリケーション->ゲームにマインスイーパと いうのがあります。
沢山のボタンが並び、それらの幾つかに地雷が 仕込まれており、地雷を回避しながらボタンを押してく ゲームなのですが、離すのが少し遅れると狙った場所で ないところが押されたことになります。
押したままマウスを動かすと選択ボタンが変わって 行くことが分かります。
もちろん、これはゲームなので許されますが、ある程度 以上スピードが上げられなくなってきます。「押した点」 が「押した点」だとなればもっとスピードを上げられる はずです。
なお、このゲームについて文句を言っている訳ではないこと は強調しておきます。
殆どパソコンゲームをしない僕ですが「マインスイーパ」は 結構好きです。

|

« ◆2001年宇宙の旅-シネラマ版編集の違い | トップページ | ◇マウスのリリースポイントの確定;基本UI考 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/8907009

この記事へのトラックバック一覧です: ◆押した点をクリック点に;基本UI考:

« ◆2001年宇宙の旅-シネラマ版編集の違い | トップページ | ◇マウスのリリースポイントの確定;基本UI考 »