« ◇ら抜き言葉のすすめ;日本語の望ましい進化 | トップページ | ◆心臓はなぜ左にあると言うのか? »

◆2001年メタボリック症候群

2001:a space odyssey;CG discovery and pod

  • metabolic:代謝の...
この言葉を辞書で引いたのは随分昔のことです。

2001:a space odyssey;hibernation monitor

映画「2001年宇宙の旅」の米国版LDを見ていた時です。
HALが反乱を起こし、冬眠中の3人の科学者を殺害するシーン で冬眠中の状態のモニタ画面に

METABOLIC LEVELS
と出てきます。
他の項目も挙げると(ちょっと訳は変ですが)
CARDIO VASCULER 心血管
METABOLIC LEVELS 代謝レベル
CENTRAL NERV. SYSTEM 中央神経系
PULMONARY FUNCTION 肺機能
SYSTEMS INTEGRATION 機能統合
LOCOMOTOR SYSTEM 移動系
といったものです。
多分、字幕版を見ていれば、この辺りは単なる模様として 特に注意を払うことはなかったでしょうね。

これらの単語のうち、特に「メタボリック・レベル:代謝レベル」 が記憶に残っていたのですが、まさか「メタボリック・シンドローム」 などという形で世間に顔を出すとは思いませんでした。
しかも本来の「代謝の...」という意味を完全に捨てて「メタボ」 と略されるにいたるとは、驚いてしまいます。
「メタボリック」と聞いて「2001年宇宙の旅」思い出す自分にも あきれていますが。

実は、 「美しく青きドナウ」を聞くとどうしても目の前を宇宙ステーションとシャトルが 舞うし、水車を見ると宇宙ステーション、デス・スターはディスカバリー号に見える し、目玉親父を見ても、ミジンコを見ても、斜めドラム式洗濯乾燥機を見ても podに見えてしまう症状を持っているのです。
ほんのちょっとした特徴を捉えて、特定のものに結び付けてしまう傾向 は結構みんな持っていますが、これをまとめて 「2001年メタボリック症候群」。。。と呼ぼうと思いましたが 。。。。思いとどまりました。

### 余談(話の筋は全く異なる)
本当は何でもかんでもシンドローム(症候群)と名付けてしまうことには 抵抗を感じます。
「風邪症候群」は風邪の原因が一つではない、一つの病気と見なすのは 間違っている、という意味で妥当だとは思いますが、「乳幼児突然死症候群」 などは原因を隠すだけの愚かな命名だと思います。
名前をつければそれで"済み"としたり、"病気"だから仕方ないとしたり、 このシンドローム・ブームは悪い面が大きすぎると思っています。
シンドロームのもう一つの問題は、まとめのために使う言葉が 必ずしも「症状」を直接表すものとならなこともあるため、 言葉の意味を変えてしまうところにもあります。今回の 「メタボリック・シンドローム」などはその典型です。
「ストックホルム・シンドローム」(映画「ダイ・ハード」であれほど茶化された にも関わらず、いまだにTVに出る評論家は監禁事件のたびに ××の一つ覚えのようにつかう、あれです)などもそうです。
マスコミはきちんと分析することを 嫌い、適当な名前をつけて十把一絡げにしたがる"病気"を持っています。 こういう病癖およびその弊害をまとめ 「シンドローム症候群」または 「症候群シンドローム」と呼ぶ。。。。。。

### 2009/8/10
数日前TVで「メタボ」の後にくるのは「ロコモ(足腰)」だというのを やってました。
多分その後は「カーディオ(血管系)」で次が「パルモ(呼吸器系)」、 「ナーブ(神経系)」最後が「インテ(統合系)」なのかな。

|

« ◇ら抜き言葉のすすめ;日本語の望ましい進化 | トップページ | ◆心臓はなぜ左にあると言うのか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/9130127

この記事へのトラックバック一覧です: ◆2001年メタボリック症候群:

« ◇ら抜き言葉のすすめ;日本語の望ましい進化 | トップページ | ◆心臓はなぜ左にあると言うのか? »