« ◆三日月号発進!「2001年宇宙の旅」に於ける照明の研究;CGによる検証 | トップページ | ◆音声メトロノーム »

♪鏡の中のパガニーニ

ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」は パガニーニの書いた単純な主題を元にした、 ピアノとオーケストラのための曲で、 24個の変奏曲から出来ています。

24曲全てそれぞれ魅力的ですが、とりわけ、 第18番変奏は抜きん出た美しさを持ちます。

全体を聞いたことがなくても、この第18変奏曲 だけは耳にしたことがあるのではないでしょうか?
出だしは次のようなメロディーを持ちます。

 第18変奏曲出だしのメロディ

このメロディーの元となっているパガニーニの主題はつぎの ようなものです。

 オリジナル:ラドシラミ

この主題から次の主題(ソミファソド)が得られています。

 変奏:ソミファソドミ

楽譜にしてみます。

オリジナルの主題はラドシラミ(イ短調:Am)。

変奏は、絶対調を無視すれば、 調性記号なしでソミファソド(ハ長調:C)あるいは 調性記号を入れてミド#レミラ(イ長調:A)と表せます。

オリジナルと変奏を見比べると、上下をひっくり返したもの となっていることが分かると思います。
一つの楽譜上においてみたものも載せました。緑の点線部分に 鏡を置くとオリジナルが変奏に変わることが分かるでしょう。

問題は、この鏡像関係を、耳で感じるかどうかです。

「第18変奏とされる曲のみが変奏ではなく ラフマニノフのオリジナルになっている」
などと解説されている場合もります。鏡像関係に気が付いていないようです。

音楽の類似性の感じ方は人それぞれです。僕はこれを当然のように 鏡像だと感じました。正確には、18変奏の方を先に知っていたので 元主題が鏡像に聞こえたのですが。

オリジナルと鏡像を並べた演奏を用意しました。鏡像関係を感じるでしょうか?

 イ単調-ハ長調:Am-C:ラドシラミ-ソミファソド

 イ単調-イ長調:Am-A:ラドシラミ-ミド#レミ

ラフマニノフがこの「狂詩曲」を書いたのはこの美しい鏡像を思いついた ためだと思います。
他の部分ももちろんすばらしいのですがが、どうしてもこの部分を光らせる ためにあるような気がしてなりません。

### 補足(蛇足)
鏡像で2つの調を用意したのは、人によっては、イ単調-イ長調(ラで 始まってミで終わり、ミで始まってラで終わる)の方が 鏡像関係を感じやすいかな、と思ったことと、絵にしたときの 鏡像関係の分かりやすさにも違いがあるかなと思ったためです。
当初はイ単調-ハ長調のみでした。

### 蛇足-2
色んな曲の鏡像を使ってそれなりの曲にまとめ「鏡の世界」などというアルバムを誰か 作らないでしょうか。僕は買うでしょうが、、、やっぱりあまり売れないかも。。

|

« ◆三日月号発進!「2001年宇宙の旅」に於ける照明の研究;CGによる検証 | トップページ | ◆音声メトロノーム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/8791026

この記事へのトラックバック一覧です: ♪鏡の中のパガニーニ:

« ◆三日月号発進!「2001年宇宙の旅」に於ける照明の研究;CGによる検証 | トップページ | ◆音声メトロノーム »