« ◆トコロテンはダシでしょ | トップページ | ◆三日月号発進!「2001年宇宙の旅」に於ける照明の研究;CGによる検証 »

◇命題構文(概念構文)と陳述構文:「が」と「は」

「象は鼻が長い」という有名な文があります。

とても単純な文法です。「鼻が長い」という命題が 象に当てはまると言ってます。
「彼は背が高い」も文法的には同じです。

「ゾウは鼻が長い」の構造
ゾウ「は」鼻「が」長い
主体:「ゾウ」
 に関し
命題:「鼻が長い」
主体:「鼻」
 に関し
命題:「長い」
 がなりたつ
がなりたつ


「彼は背が高い」の構造
彼「は」背「が」高い
主体:「彼」
 に関し
命題:「背が高い」
主体:「背」
 に関し
命題:「高い」
 がなりたつ
がなりたつ
「鼻」と「背」の抽象度の違いもありますが、一番の 違いは英語には「鼻が長い」という単語がなく 「背が高い」という単語はある、ということでしょう。
「象は鼻が長い」が「彼は背が高い」に比べ複雑だと 思う人間は単に英語(など他の言語)への変換を 考えているからではないかと思います。
まあ、今でもこんな議論があるかどうかは勉強不足で 知りませんが。

~が~というのは命題(または二次的概念)を構築します。
「水が飲みたい」「この店が安い」「僕がやる」等々。

~は~というのは陳述(事実の表明)です。

「眠い」だとか「水が飲みたい」などというのが、 「僕は眠い」、「僕は水が飲みたい」などという文に くらべ微妙な足りなさを感じるのは、単に命題(概念)を提示して いるだけだからです。
もちろん、限られた文脈の中では命題(概念)の提示だけでも構いません。
象を見たとき「鼻が長い」で十分だし、長身の人 に会ったら「背が高い」で十分なのです。

「暑い」「雨が降っている」というのは命題(概念)提示という意味 で同等です。
文脈外で「暑い」「雨が降っている」と言われると あまりにも唐突ですが、「今日は暑い」「外は雨が降っている」 と言われても唐突さは少ないでしょう。
これは「暑い」「雨が降っている」が命題(概念)の提示に過ぎず、 陳述でないからです。「今日は暑い」「外は雨が降っている 」で陳述(事実の表明)となります。

命題(概念)提示のみの文は言い切り感がなく続きを期待しますので、 最初の文脈提示などでも用いられます。「昔々、ある所にお爺さんとお婆さんがいました」

次の構文

  • 命題構文:~が~
  • 陳述構文:~は~
があるということで、基本的な部分は問題なく説明が付きます。
単純な話なんですけどねえ。。

「象は鼻が長い」全体を真偽対象「命題」ととらえる「形式論理学」的立場では 「~は~」を命題構文、「~が~」は「述語構文」と呼びたくなりますが、 話者の伝えたい文法心理から外れてしまうと考えています。

### 補足(蛇足)

「フグは食いたし、命は惜しし」というのは2つの陳述の矛盾を述べています。
「フグは食いたい」も「命は惜しい」もそれぞれは否定不能の陳述なのです。

「私がやりました」などというのは陳述ではないかと思うかも知れません。 しかし、それは例えば何か悪い事などが文脈としてあっての事です。
「ひどい」などというのと文法上同等です。
片方が一次的単語 で表される命題(概念)であり、片方が二次的に構成された命題(概念)だというだけなのです。

### 補足-2(蛇足-2)

言うまでもないと思いますが、 'は'はisではありません。"AはB"という陳述はAについてBが成り立つ と言っているだけです。

### 愚かな後知恵だったと反省(2010/3/17)
この記事を書いてからもう2年以上たちます。
その後、格助詞に関する記事を幾つか書くうちに、やはり「が」 は小学生の時に名付けた「命題構文」の方が「概念構文」より よいと結論づけました。
多分"「命題」と言えば「は」の文だって命題たりうる"という 反論が浮かび、愚かな後知恵として「概念構文」としたのだと 思います。
「象は鼻が長い」は「鼻が長い」という命題が象について 成り立つことを表します。

### 愚かな後知恵だったと反省(2010/9/10)
タイトルを「概念構文(命題構文)と陳述構文」から 「命題構文(概念構文)と陳述構文:「が」と「は」」に変更

### 2012/1/10
文の構造図を追加
幾つか「概念」を「命題」に置き換え。

#####
以下、 当初、記事タイトル「概念構文と陳述構文」と名付けていたときの 補助記述;2年後に「命題構文と陳述構文」にタイトルを変えたため 不要になった
### さらに蛇足
実ははるか昔(小学5年生くらいだったと思う)この2つを

  • 命題構文:~が~
  • 陳述構文:~は~
と名づけていました。
今考えると命題構文というのはちょっとひねりすぎで 概念構文、あるいは概念構築構文の方が素直でしょう。 「命題構文」という名も捨てがたく思のですが。
なお、正確には当時は「命題的構文」「陳述的構文」としていました。 '的'を入れたのは自信の無さかな。

|

« ◆トコロテンはダシでしょ | トップページ | ◆三日月号発進!「2001年宇宙の旅」に於ける照明の研究;CGによる検証 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/489055/8761732

この記事へのトラックバック一覧です: ◇命題構文(概念構文)と陳述構文:「が」と「は」:

« ◆トコロテンはダシでしょ | トップページ | ◆三日月号発進!「2001年宇宙の旅」に於ける照明の研究;CGによる検証 »